JACリクルートメントの評判って実際どう?【転職に成功した感想】

CAREER

JACリクルートメントの評判を知りたい人「英語を使って海外や外資系の企業に転職をしたい。ネットで検索するとJACリクルートメントがよく出てくるけど、本当に信用していいのだろうか?実際に利用した人の感想や評判を聞きたいな。」

今回は、そんな悩みを持つ方の背中を押します。

本記事では、実際にベトナム、フィリピン、インドネシアなど、海外で転職に成功した僕が、JACリクルートメントを利用した率直な意見とネットでの意見を比較して解説していきます。

JACリクルートメントの評判って実際どうなの?

JACリクルートメントの評判って実際どうなの?

結論、JACリクルートメントはとても素晴らしい転職エージェントでした。

複数のエージェントを活用していますが、「英語」「外資系」「ハイクラス」に特化しているため、こういったキーワードで転職を考えている人はまず登録すべきだと思ってます。

なぜかというと、

  • 取り扱い求人の質が高い
  • 担当者のコンサルレベルが高い
  • 両面体制

求人の質が高い、担当者のレベルが高いということは、よくネット上では言われていますよね。

ただ、僕がエージェントを選ぶ上で、特に重要だなと感じているのは、両面体制

両面体制とは?

1人の担当者が企業と転職希望者、両者の対応をする体制のこと

JACリクルートメントでは、業界ごとに担当者が分かれており、求職者だけでなく、企業側の採用担当とも同じコンサルタントが対応しています。

なので、企業の内情に詳しく、求めている人材をしっかり把握したうえで、求職者に紹介していることがポイントとなります。

多くのエージェントでは、企業側と求職者側で役割が分担されているため、こうした細かい対応ができず、ぶっちゃけ適当な返しをされることも割とあるんですよね。

なので、書類選考や面接のフィードバックなども聞くことができ、もし落ちた場合でも次の選考で活かせるようなアドバイスもしてくれます。

逆に悪い口コミは?

  • 対応が冷たかった
  • 求人がなかった、数が少なかった
  • 連絡が来なかった

基本的に、来るもの拒まずな大手のエージェント。

一方で、JACリクルートメントは即戦力人材のみに特化をしているがゆえに、条件に当てはまらなかった人が、こういった経験をしてしまったケースが多いのだと思います。

確かに、僕もまだ経験が浅く、年収が低かった新卒3年目の段階で、一度登録したことがありましたが、「紹介できる求人がありません」とメールが来て、全く相手にされなかったことを記憶しています(笑)

なので、全く気にすることはないです。

逆に言えば、そこまではっきりと線引きしているというところは、お互いの時間を無駄にすることがないので、信頼がおけるといってもいいかもですね。

JACリクルートメントに登録すべき人

JACリクルートメントに登録すべき人

  • 30代~50代
  • 管理職
  • バイリンガル
  • 専門職のエキスパート
  • グローバル企業
  • 駐在員

こういった求人を求めている方は、速攻で登録したほうがいいです。

>> JACリクルートメントに無料で登録する

JACリクルートメントは、大手企業やグローバル企業と太いパイプで繋がっており、世界11カ国に拠点を持っていることが特徴です。

また、両面体制のため、企業が求める人材をきめ細かく把握しており、転職者の専門性や可能性、希望などを考慮した様々なポジションを提案してくれます。

なので、キャリアやスキルに自信のある方は活用することを間違いなくおすすめできます。

逆に登録すべきじゃない人は?

  • キャリアが浅い、正社員経験がない人
  • 年収が500万以下の人
  • キャリアビジョンがはっきりしていない人

即戦力の採用という領域に特化しているので、ぶっちゃけ誰もが登録すべきエージェントではないです。

これは、JACリクルートメントが転職市場で価値の高い人材に絞り込んで、優先順位をつけているからです。

なので、厳しいようですが、この条件に当てはまらないと、登録したとしても求人を紹介してくれるとは限らないです。

とはいえ、サポートを断られたとしても、悩む必要は全くありません。

それぞれの経歴に合ったエージェントというのが必ず存在します。

そういった方は、まずは別記事でも紹介しているエージェントに登録してみるのが、いいかもしれません。

JACリクルートメントでの転職体験談

JACリクルートメントでの転職体験談

僕が、実際にJACリクルートメントを利用して転職活動をした結果です。

  • 紹介してもらった求人数:10社
  • 選考に進んだ数:8社
  • 内定をもらった数:1社

2社を除いて、かなり自分的にドンピシャな案件を紹介してもらえました。

全て、2次面接まで進んだのですが、これだ!という1社に入社を決めたため、残りは辞退しましたが、本当に優良な求人が多かったです。

実際にどんな求人がもらえた?

会社名は出せないのですが、実際にどんな求人がもらえたか、ざっくりと紹介していきます。

例①

  • 業種:ITサービス
  • 職種:法人向け営業
  • 年収:500万円

例②

  • 業種:広告代理店
  • 職種:法人向け営業
  • 年収:800万円

例③

  • 業種:AIソリューション
  • 職種:事業開発
  • 年収:1000万円

僕の場合、8割方は日系企業の海外拠点の案件でしたが、このように年収は500万円以上のハイクラスな求人ばかりでした。

JACリクルートメントを使って転職しよう

JACリクルートメントを使って転職しよう

結論、年収を上げながら転職を成功させたい人は、まずJACリクルートメントに登録するべきだと思います。

実際に転職をしなかったとしても数分で登録さえしてしまえば、自分の転職市場での価値、求人の情報がリスクなしで確認できます。

僕は未だに、シンガポールの担当の方とやり取りをしていますが、転職後も気にかけてくれていて、常に転職マーケットの情報交換をしており、めちゃくちゃ頼れる存在となっています。

年収100万円上げられる求人があるかもしれないのに、登録していなかったことでチャンスを逃してしまう。

これほどもったいないことはないですよね。

思い立ったら吉日。いい求人は待ってくれません。

まず、ここから一歩を踏み出しましょう!

>> JACリクルートメントに無料で登録する

人気記事海外転職で本当に役立ったエージェント3選【海外転職2度の僕の体験談】

人気記事初めての転職活動の始め方【失敗談あり】