ロゴ

ブログにおすすめのサーバーは1つだけ【元サーバー屋さんが解説】

BUSINESS TOOLS

ブログ用サーバーを探している人「WordPressを使ってブログを始めたいけど、初心者でサーバーとかよくわからないし、難しそう。どんなサービスを使ったらいいのかな?」

この記事を書いている僕は、レンタルサーバー超大手企業で5年間働いていた経験があり、サーバーの良し悪しを熟知しています。

そんな、元中の人の視点でブログにおすすめのサーバーと基本的な知識をわかりやすく解説していきます。

もくじ

  • ブログにおすすめのサーバーは【エックスサーバー】な理由
  • サーバーの基礎知識
  • 他社とのサーバー比較
  • 参考にするべきブロガー

ブログにおすすめのサーバーは【エックスサーバー】な理由

結論、エックスサーバー一択ですね。

エックスサーバーを選ぶ3つの理由

  • コスパ:月額900円程度で200GBの高スペック&安定稼働
  • 使いやすさ:初心者でも分かりやすいシンプルな使い心地
  • サポート:サポートの対応の早さ、ネット上の情報量の多さ

ぶっちゃけてしまうと、僕がサーバー屋で働いていた時、エックスサーバーは競合として最注視していました。

会社の方針としては、競合よりもちょっといいスペックで、価格を下げるという戦略でしたが、ここに対抗して価格を下げてしまうと、利益が出せないレベルでした(笑)

ブロガーの中でもあまりにも評判がいいので、WordPress向けサーバーという領域では、なかなか歯が立たなかったというのが正直なところです。

さらに利用者が多いので、ネット上での情報量が多く、初心者でどうしたらいいかわからない人でもググれば、たいていの解決方法は出ているので、安心。

特に初心者の方は、困った時にすぐに問題解決できるように、口コミやネット上での情報が多いものを選んでおくのが無難です。

エックスサーバーなら一番安いX10プランでも、ほとんど落ちたり重くなることなく、トップブロガーも愛用しているので、まず間違い無いです。

>>月額900円(税抜)から、高速・多機能・高安定レンタルサーバー『エックスサーバー』

シンプルなコントロールパネル

とにかく画像を見てもらえばわかる通り、単純明快なコントロールパネル。

視覚的に、どこに何があるか見えることは、初心者にとってとても重要。

WordPressのダウンロードもワンクリック。

めちゃくちゃ簡単ですね!

価格やスペックはもちろんですが、この辺りの使いやすさが多くの人に人気な理由だと思います。

サーバーの基礎知識

サーバーの基礎知識

ところで、サーバーと聞くと、めちゃめちゃ理解するのが難しいと感じるのではないでしょうか?

僕も、実際にサーバー会社で働いていましたが、最初は文系の自分にはなかなか理解できないものでした。

ここでは、ブログを始めるにあたって必要な基礎だけを、超簡単に誰でもわかるように解説していきます。

ドメインって何?

ドメインとは、.comや.netで終わるサイトの名前にURLの部分です。

このサイトでいうtabiryman.comという部分ですね。

通常、IPと言って183.181.89.52のような、数字の列で管理をされています。

これだと、サイトを覚えるのめちゃくちゃ大変だし、わかりにくいですよね?

そのために、わかりやすくサイトの名前をつけられるサービスとして誕生したのがドメインです。

文字列は、自分で好きに組み合わせることができ、空きがあれば、数十円〜の低価格で所有することができます。

最近では、.comがかなり普及し、空いている名前が少なくなってきたので、.blogや.shop、.tokyoのような新しいドメインが増え続けています。

ドメインは世界に1つだけ。まずはお名前.comのサイト上で希望の文字列が空いているか、調べてみましょう。

そもそもサーバーって何?

ブログやウェブサイトを家と考えた時に、サーバーは土地、ドメインは住所によく例えられます。

どれだけ美しいインテリアやデザインがあっても、土地がないと家を建てることはできませんよね?

それと全く同じで、ブログでもどんなにいい記事のアイデアやコンテンツがあっても、サーバーがなければ世に出すことはできません。

サーバーは、サイトに必要なコンテンツや画像などすべての情報を保存して置くのに必要不可欠なものなのです。

よくある質問:サーバーのタイプは色々あるけど、どれを選べばいいの?

一般的にレンタルサーバーといえば、共用サーバーとなります。

専用サーバー、VPSなど多くの種類がありますが、結論、ブログをやるなら共用サーバーだけでOKです。

種類特徴利用者有名サービス
共用サーバーセットアップ済み、低価格個人、中小企業向けエックスサーバー
専用サーバー丸々ひとり占め、高価格大企業向けさくらのマネージドサーバ
VPSサーバーカスタマイズ可能上級者向けConoHa

サーバーはよく家に例えられる

シェアハウスの共用サーバー

共用サーバーは一つの大きなサーバーを振り分け、何人もが入居して、リソースをシェアしながら、価格を抑えて利用するというものです。

わかりやすく例えると、シェアハウス。入居者がたくさんいて、入り口やキッチンやお風呂など共有スペースを住人同士でシェアする共同生活のイメージです。

なので、デメリットとしては、誰かが玄関のドアを壊してしまうと、住人全体のサイトに影響します。

一軒家の専用サーバー

一方で、専用サーバーというのは、サーバー1台を丸々専有できるので、他のユーザーに影響を受けずに自由に利用ができます。

例えるなら、一軒家に住むイメージ。家の中だけでなく、庭や駐車場、全てが自分の自由に使えます。

その分、ハイスペックで高額になりがち。

マンションのVPSサーバー

VPSサーバーはカスタマイズがしやすいけど、難易度はめちゃくちゃ高く、サーバーを構築するスキルがある上級者向けです。

家に例えるとマンションのイメージ。自分に割り当てられた部屋は自由にカスタマイズできますが、ロビーやエレベーターなど共用の部分についてはカスタマイズできません。

ゲームやアプリを運営する人には最適なサーバーです。

色々出てきましたが、ブログを運営する分には、特に共用のレンタルサーバー以外は特に覚えなくても問題なしなので、さらっと頭に入れておく程度でOKです。

他社とのサーバー比較

他社とのサーバー比較

サービス名料金(税抜)おすすめプラン満足度特徴
エックスサーバー900円X10☆☆☆☆☆ブロガーの間では定番のサーバー。とにかくシンプルで、安定稼働。コスパが高い。
Z.com WP460円エントリープラン☆☆☆☆GMOグループのWordPressに特化したサーバー。テスト環境がめちゃ便利。
さくらサーバー524円スタンダード ☆☆☆地味だけど、サーバー界の大御所。近年は新サービスに押され気味。熱狂的なファンが多いイメージ。
ロリポップサーバー250円スタンダード☆☆とにかく安い。最近はだいぶ改善されたものの、アクセスが増えると重くなりやすい。
お名前サーバー1,300円RSプランドメインとセットで契約する人が多いですが、管理画面が重くて使いづらいです。

結果、多くのブログでも言われていますが、無難にエックスサーバーを選ぶべきです。

僕も仕事上、競合研究で色々サーバーを利用してきましたが、このブログでもコスパを考えて、結局エックスサーバーに落ち着きました。

安定稼働、使いやすさ、価格、困った時の情報量、どれを取っても初心者でブログを始めるには最適だと思います。

>>月額900円(税抜)から、高速・多機能・高安定レンタルサーバー『エックスサーバー』

次点として、あまり知られてないかもですが、お名前.comと同じGMOグループが展開するZ.comのWordPress専用サーバーもなかなか便利。

通常、マニュアルで作業が必要な、テスト環境の構築、サイトのコピー、訪問者が急増した時にサーバーを自動で拡張などありがたい機能が付いてくるので、初心者でも直感的に操作できます。

面倒な作業は省いて、すぐにでも記事を書いてみたい!なんて人にはめちゃめちゃおすすめです。

2週間無料なので、一度試してみるのもいいかもです。

>>WordPress専用高速サーバー Z.com WP

初心者が参考にするべきブロガー

初心者が参考にするべきブロガー

マナブさん

ブログだけでも年間5,000万円ほど稼いでおり、日本トップクラスのプロブロガー。

YouTubeでも文章の構成、サイトデザイン、SEOなどブログ運営に関する有益情報を惜しみなく発信しており、初心者なら必ずフォローすべきインフルエンサーです。

僕がブログを始めるきっかけとなった人でもあり、このブログはプログラマーでもあるマナブさん作のmanablogテンプレートを利用しているので、かなり見やすいデザインだと思います。

イケハヤさん

ブログで生計を立てるということを日本で流行らせた、ブロガーの第一人者といっても過言ではないでしょう。

こちらも最近はYouTubeに注力しており、ブログだけでなく、経済や社会など幅広い視点で先読みするスーパーインフルエンサー。

YouTubeTwitterはマストで押さえておきましょう。

クロネコさん

ブログを始めて1年で月250万達成、最高年収は7,500万という超大物。

SEOやSNSのマーケティング、セールスライティングなどブログ運営に必要な技術面の有益な情報を発信しています。

Twitterだけでも押さえておいて、さらに興味があれば教材を出しているので、購入して深く学んでいくのもおすすめです。

以上、元大手のサーバー屋で働いていた僕がおすすめするサーバー情報をまとめました。

この記事を見てビビッと来た方は、早速、サーバーを申し込んで、情報の発信を始めていきましょう!

>>月額900円(税抜)から、高速・多機能・高安定レンタルサーバー『エックスサーバー』

人気記事海外転職で本当に役立ったエージェント3選【海外転職2度の僕の体験談】

人気記事未経験でも海外で転職すべき理由【圧倒的に視野が広がります】