【日本人でも口座開設可能】Firstradeの評判って実際どうなの?

INVESTMENT STOCKS

Firstradeの評判を知りたい人「Firstradeの口座開設を検討している。日本人でも利用できる海外証券口座らしいけど、すごく不安だな。実際の評判はどうなんだろう?」

こんにちは、旅リーマンのZuminです。

この記事を書いている僕は、海外在住でFirstradeで口座を開設し、1年以上継続利用しており、使い心地に非常に満足しています。

ただ、ネット上で日本語のFirstradeの評判を探そうとすると、かなり古い記事だったり、質問の回答にならない情報がほとんど。

ということで、今回は世界中の第三者機関によるFirstradeの評判と、1年以上継続利用している僕の率直な意見をまとめていこうと思います。

もくじ

  • Firstradeの評判って実際どうなの?
  • Firstradeを使うメリット・デメリット
  • Firstradeを実際に使ってみた感想

Firstradeの評判って実際どうなの?

Firstradeの評判って実際どうなの?

気になるFirstradeの評判ですが、ここでは公平性を保つため、証券会社比較サイトBrokerChooser、海外の大手消費者レビューサイトTrustpilotに出されている評判をまとめて紹介します。

比較サイトでの評判は?

BrokerChooserは国ごとで比較することができるので、どこに住んでいるかでランキングは変わってくるのですが、今回は日本から開設できる海外証券口座に絞って紹介していきますね。

その結果、Firstradeは23社中5位にランクイン。

ちなみに、総合ランキングの順位は以下の通りで、スコアは5点満点での評価です。

1位(4.9/5.0)2位(4.8/5.0)3位(4.7/5.0)4位(4.7/5.0)5位(4.4/5.0)
InteractiveBrokers証券
(アメリカ)
サクソバンク証券
(デンマーク)
TradeStation証券
(アメリカ)
Questrade証券
(カナダ)
Firstrade証券
(アメリカ)

名だたる有名証券会社の中で、なかなかの上位ですね。

それでは、Firstradeの評価の詳細を見ていきましょう。

BrokerChooser Firstradeレビュー
出典:BrokerChooser

評価カテゴリースコア良い点悪い点
総合スコア4.4手数料無料、豊富なリサーチツールカード利用不可、米国市場銘柄のみ取り扱い、24時間対応のサポートなし
手数料4.7株・ETF・投資信託の取引手数料が無料マージン取引手数料が高い
口座開設4.4オンライン完結、最低入金なし認証に時間がかかる
入出金2.0入金手数料なし、使いやすいカード利用不可、米ドルのみ、振込手数料が高い
取引プラットフォーム3.8使いやすい検索機能、手数料表記が明確2段階認証がない
商品ラインナップ2.8取扱商品が豊富米国外利用者はFX・先物取引不可
リサーチツール4.8優れたチャート機能、ファンダメンタルズデータが豊富なし
カスタマーサービス0.3Eメールサポートライブチャットがなく、24時間対応でないため返答に時間がかかる、電話も繋がりづらい
教育3.5取引プラットフォームの教材・動画デモアカウントがない

際立って評価が高いのは、手数料とリサーチツール。

株とETFの現物取引だけならば、手数料は無料なので確かに大きなメリットとなります。

リサーチツールは、ウォールストリートでも評価の高いモーニングスター社のレポートが無料で活用できるのも強み。

逆に、クレジット・デビットカードで決済ができない、米ドルのみの取り扱い、振込手数料が高いとして入出金の評価は低いです。

ただ、正直カード決済が使える証券会社は稀ですし、振込手数料はACHという方法を使うことで無料にできるので、あまり大きなデメリットには感じません。

カスタマーサービスに関しては、0.3とかなり評価が低いですね。

確かにライブチャットはボットが対応しており、FAQに飛ばされるだけなので、味気ないなと感じます。

ただし、メールでのサポートは返答に数日かかることが多いですが、人が対応しており、的外れな案内をすることもないので、許容範囲内かなと思います。

今後、24時間体制でサポートを置くなど、改善を期待したいところですね。

他のユーザーの評判はどうなの?

続いて、一般の消費者によるレビューサイトTrustpilotの評判ですが、そもそもレビューの数が3件(2020/5/31時点)と少ないので参考程度ですが、☆3.4でAverageという評価になっています。

アメリカ在住の方は、FidelityやTD Ameritradeなど他に老舗証券会社がたくさんあるので、わざわざFirstradeを選ばないのかもしれませんね。

Firstrade Trustpilot評判

実際に書かれている投稿を見ると、

多少のバグはあるけど、アメリカ国外に住む人にとってはいいアプリ。ただ、カスタマーサポートが残念。返答は早いけど、ナレッジベースに飛ばされるだけで、サポートが不十分。安い(手数料無料)プラットフォームなので仕方ないか。 ★★★★ イギリス在住者
銀行とアプリの接続に失敗した場合、お金が戻ってこないので注意。返金の手続きで書類を2回スキャンして提出したけど、情報不備だと言われ諦めた。他のアプリでは簡単に返金してくれるのに、なぜ簡単にできないんだ? ★★ アメリカ在住者
アメリカ国外に住んでいて、投資したいなら最高の証券会社! ★★★★★ メキシコ在住者

レビュー件数が少ないので一概に判断しにくいですが、ここで分かるのはアメリカ国外に住んでいる人には、割と評判が良いということ。

逆に、アメリカ国内に住んでいる利用者は、どちらに過失があるか分かりませんが、あまりいいレビューではないですね。

評価を総合すると、カスタマーサポートに難があるという印象ですね。

ただ、米国外在住だと、電話で時差を合わせるのは大変ですし、英語対応ということを考えれば、メールでのサポートは時間がかかるものの対応はしっかりしているので特に大きな問題にはならないのではないでしょうか。

Firstradeがどんな証券会社なのか、もっと知りたい方は以下の別記事もどうぞ。

>> Firstradeの口座を開設してみる

Firstradeを使うメリット・デメリット

Firstradeを使うメリット・デメリット

それでは、Firstradeを利用するメリット・デメリットを見ていきましょう。

メリット

  • 世界68ヵ国の在住者を受付
  • 米国上場全ての銘柄が売買可能
  • 売買手数料が無料

Firstradeを使うメリットは、アメリカ市場に上場する株・ETFの全ての銘柄の取引が手数料無料でできること。

最近では、日本の証券会社も手数料を下げ、取扱銘柄を増やしていますが、やはり現地の証券会社にはかないません。

また、日本在住の日本人はもちろん、世界中の投資家の口座開設を受け付けており、海外移住後も使い続けられるという点で、多くの海外在住日本人の受け皿となっています。

アメリカ国内では、IRA(個人退職口座)も受け付けており、BrokerChooserの発表では最優秀IRA証券にも選ばれており、手数料がかからないため老後資産の長期投資用口座としても評価が高いです。

デメリット

  • 米国にある銀行口座が必要
  • 英語・中国語のみの対応
  • 確定申告の必要がある(日本在住者)

一方で、Firstradeの口座を利用する上で、1番の大きなハードルは在米国の銀行口座アカウントが必要だということ。

アメリカに住んでいる(or 住んでいた)経験がある方であれば、なんてことない問題なのですが、日本在住やその他海外在住の日本人にとってはなかなか難しいと感じる方も多いのではないでしょうか。

実は、これには2つだけ解決方法があります。

  • ① 三菱UFJ銀行傘下のUnionBankのカリフォルニアアカウントを開設する
  • ② ハワイで銀行口座を開設する

1つ目は、三菱UFJ傘下のユニオンバンクのカリフォルニアアカウント・プログラムの口座開設を活用すること。

三菱UFJ銀行の口座をお持ちであれば誰でも申込可能で、日本にいながらも、2週間程度でオンラインバンクが利用できるようになります。

詳細は以下の記事で開設しています。

実は、アメリカ国内でもハワイ州だけは例外で、観光客であっても口座を開設することができるとのこと。

※ただし、現地の窓口に出向く必要あり。

  • Bank of Hawaii
  • First Hawaiian Bank
  • Central Pacific Bank

さすがハワイ。

日本人が多いだけあって、この3行では日本語でのサポートも対応しており、日本人でも問題なく口座開設ができるそう(今後厳しくなる可能性もあり?)なので、旅行に行ったついでに口座開設という人も多いようです。

詳しい方法は、以下の記事がよくまとまっているので参考にどうぞ。

Firstradeを実際に使ってみた感想

Firstradeを実際に使ってみた感想

最後に、僕がFirstradeを使ってきて感じたリアルな感想を述べていきます。

Firstradeを使っていて良かったこと

  • 海外在住でも口座を維持できる
  • 投資の幅が広がった
  • 手数料無料なので気軽に売買できる

海外在住でも口座を維持できる

まず、個人的には海外で色々な国を跨いで生活しているので、引っ越しの際に証券口座を閉じなくて良いという安心感があります。

日本の証券会社では、非居住者になった時点で口座を維持できないというルールがあるので、2年に1度のペースで住む国を変えている僕にとっては致命的。

海外に移住するということは、全て自己責任になるわけで、老後資金を長期投資で作っていくことは必須。

なので、どこにいても投資ができるという安心感は何ものにも代え難いのです。

投資の幅が広がった

日本の証券会社では、取扱銘柄が限られており、特にETFは日本の金融庁に届出が出ていない銘柄の場合、取り扱いがされないため選択肢は狭まります。

2020年に市場を席巻したARK社のETFですが、日本の証券会社だと上記の理由で取り扱いがありません。

僕は、Firstradeを利用していたためその制限はなく、9月ごろから波を掴みあるかなり良いところでトレードすることができ、大きな恩恵を受けることができました。

手数料無料なので気軽に売買できる

限られた資金の中で、パフォーマンスを最大限にしていくためには手数料にも気を配る必要があります。

売買手数料が無料なので、ポジションの整理は思い切った決断ができますし、老後資金を自分で準備しなければいけない中、長期積み立て投資でも大きな差が出ると感じています。

Firstradeを使って感じるデメリット

  • 送金に時間がかかる
  • 現金化に時間がかかる

送金に時間がかかる

日本の証券口座のように、日本円をすぐに米ドルに変えるという手段がないので、銀行→Wise(送金サービス)→米国銀行→FirstradeへACH送金という手間が発生し、着金までに5日以上かかることが多いです。

なので、欲しいタイミングですぐに買うというアクションが取れないのが残念。。。

ただ、Wiseという送金サービス+米国銀行で、手数料を格段に下げ、ドルで資産を分散保有できるということを考えればプラスと考えるようにしています。

現金化に時間がかかる

逆に、資金を引き出すにも時間と手間がかかります。

資金が必要になれば、株を売り、送金と逆の手続きをすれば良いのですが、それに加え、株を売ってから資金が引き出せるようになる(Settled Funds)まで2日ほどかかるので、1週間以上は見積もっておいたほうがいいかも知れません。

あくまで、余裕資金で運用することが運用することが、より一層求められると感じます。

さいごに

今回は、Firstradeに関する評判、そしてメリット・デメリットを紹介してきました。

アメリカのネット証券口座を使うと、銘柄選定の自由度は格段に上がります。

ただ、送金や両替、人によっては英語でのやり取りが面倒と感じるかもしれません。

とはいえ、送金サービスもインターネットのおかげで容易になっていますし、トラブルはそうそう起こらないのでカスタマーサポートとやり取りすることもほとんどありません。

特に今後、海外に移住する予定がある、日本の証券会社の取扱銘柄に縛られず幅広く投資をしていきたい!という方にとっては、Firstradeは最適な選択となると思います。

ぜひ、これを機にFirstradeで口座開設をして、資産運用しつつ将来への不安を少しでも和らげておきましょう!

>> Firstradeで口座を開設する

この記事が皆さんの参考になれば幸いです。

人気記事Firstradeの口座開設方法とは?【米国株が手数料無料!】

人気記事【徹底解説】Firstradeの使い方ガイド