ロゴ

【誰でも分かる】貸借対照表の見方とは?【経営に必須の財務スキル】

BUSINESS SKILLS

財務スキルを学びたい人「将来起業したいけど、財務スキルとか文系だったし全然わからない。貸借対照表ってどうやって見たらいいの?超難しそうな単語と数字だらけで、もう無理…」

そんな悩みを持つ方向けの記事です。

何を隠そう、過去の自分自身の悩みでもありました。

この記事を読むことで、経営に必要な「貸借対照表(バランスシート)」の見方が、誰でも超カンタンに理解できるようになります。

今回はオンラインスクールMUPの財務スキルのセッションをもとに、基礎からわかりやすく解説していきます。

もくじ

  • 貸借対照表(BS)とは?
  • 「流動」と「固定」を理解する
  • クイズ!どの会社の貸借対照表か考えてみよう!

それでは、早速学んでいきましょう!

貸借対照表(BS)とは?

貸借対照表(BS)とは?

貸借対照表とは、一時点(決算日)の財政状態の指標のことを言います。

一定期間の経営の成績表を表す、損益計算表(P/L)と常にニコイチで考えられる重要な経営指標です。

関連記事:【超カンタン!】経営に必須の財務スキル【損益計算書の見方とは?】

  • ① 期末時点で会社に存在する財産の状態
  • ② 会社資金の調達と運用状況を表す

主に決算の時に利用され、「資産」「負債」がどれだけあったのかをまとめ、その時点の資本の合計を出すものです。

貸借対照表を理解すると、自分の事業の経営だけでなく、投資にも活用できるスキルが付くので、しっかり解説していきますね。

貸借対照表をカンタンに理解しよう!

貸借対照表をカンタンに理解しよう!

貸借対照表は難しく考えず、上の図で理解するとめちゃくちゃシンプルで分かりやすいです。

簡単に言うと、

  • 右 → 会社の資金の調達状況:どうお金を集めたか(銀行からの借入れ、株主からの投資など)
  • 左 → 調達した資金の運用状況:事業でお金をどう使ったか(オフィスビルを買った、他社の株を買ったなど)

まずはこの部分だけ理解できればOKです。

「流動」と「固定」を理解する

「流動」と「固定」を理解する

ではここから、もう少しブレイクダウンをして貸借対照表を理解していきます。

「資産」「負債」にはそれぞれ大きく分けて、「流動」「固定」2つの区分があります。

こちらも図で簡単に見ていきましょう。

流動資産と固定資産

流動資産と固定資産

会社が所有する資産を運用することで、企業はお金を回収していきますが、その回収スピードに応じて「流動資産」「固定資産」の振り分けがなされます。

  • 流動資産:回収スピードが短いもの(現金・売掛金・在庫など)
  • 固定資産:回収スピードが長いもの(土地・建物・ソフトウェア・パソコンなどの備品)

流動負債と固定負債

一方の負債に関しても、基本的に同じ考え方で、流動と固定で区別されます。

負債の場合は、他人から調達した資金のことを表すので、返済期限の長さによって、振り分けが変わってきます。

  • 流動負債:返済期限が短いもの(買掛金・1年以内の短期借入)
  • 固定負債:返済期限が長いもの(社債・1年以上の長期借入)
※社債:例えば、工場を建てるのに10億円必要となった場合に、投資家から利息付きで資金を調達する方法

純資産

純資産

純資産は、その名の通り、株主からの出資状況や利益の蓄積を表します。

  • 資本金
  • 利益余剰金
  • 評価換算差額
  • 新株予約権など

財務状況の良し悪しはどう判断するの?

短期的な財務の安全性を見る指標として、流動比率を覚えておきましょう。

流動比率とは?

流動比率とは?

  • 流動資産=すぐに現金化できる資産(すぐ支払ったる!)
  • 流動負債=すぐに返済しなければいけない負債(すぐ支払えや!)

通常の指標では200%が望ましいと言われますが、売掛金の未回収リスクが低く、信用情報が発達している日本では150%で安全圏とも言われています。

一方で、「固定資産」は、現金化するのに1年を超える資産なので、「固定負債+純資産」より小さければ、安定した資金を返す必要のない「純資産」の範囲内で購入しているということになります。

財務状況の良し悪しはどう判断するの?

つまり、「流動資産」が「流動負債」より大きく、「固定資産」が「固定負債+純資産」より小さければ、それだけ余裕のある会社であるということが分かりますね。

クイズ!どの会社の貸借対照表か考えてみよう!

クイズ!どの会社の貸借対照表か考えてみよう!

さぁ、ここまでで貸借対照表の見方は理解できたと思います。

最後に、クイズ形式でディズニーランドを運営する「オリエンタルランド」の貸借対照表はどれか考えてみましょう。

考え方のヒント

オリエンタルランド(ディズニーランド)のビジネスと聞いて、どんながイメージが浮かんでくるでしょうか?

  • ディズニーランドの運営だから土地と建物が多いな
  • 土地・建物が多い=固定資産が多そうだな
  • ずっと黒字を出し続けてるとニュースで見たから、借入は少ないはず
  • 信用格付けが「AA」だから財務状況は良いはず

こういった視点で見ていくと、自然と答えは導け出せます。

  • 土地と建物で固定資産が多い → ③は消える
  • ずっと黒字を出し続けてる → ① or ②まだわからない
  • 信用格付けが「AA」=流動比率高い→ ①

答えは、①でした。

①のオリエンタルランドは、信用格付けAAの優良企業で安全性は高い上、黒字経営が続いた(コロナショック前まで)ため、過去の利益の積み上げが多く純資産が多くあるのが特徴です。

②のJR東日本は、鉄道会社であるため、土地や車両の固定資産が多くなっているのが特徴です。

③のmixiはIT企業なので、設備や建物がほとんどいらないため、固定資産は少なくなる一方で、純資産が大きくなるので経営が安定しやすい傾向があります。

IT企業の貸借対照表どうなってんの?

そうなると、経営が安定しやすいと言われるIT企業の財務状況はどうなってるのか気になりますよね?

最後に、GAFAMと呼ばれる巨大IT企業のバランスシートを見てみましょう。

GAFAMバランスシート

兆というとんでもなく大きな単位ですが、特にGoogleとFacebookの健全な経営基盤が顕著に見えると思います。

主な収益モデルが商品販売メインのApple、 Microsoft、Amazonに対して、広告収入がメインのGoogleとFacebookは大きな投資が必要ないので負債が少なく、有利子負債への依存率が極端に低いことが分かりますね。

通常、IT企業は固定資産が少なくなる傾向ですが、プラットフォームを全世界に提供するGAFAMでは自社でサーバーを抱えており、土地や建物への設備投資が多くなるため、共通して固定資産が多くなっているのも特徴と言えます。

BSの理解=経営、投資ができるようになる

この指標を学ぶだけで、企業の経営状況がどうなっているのか、ビジネスを見る視点がグングン変わっていきます。

みなさんもぜひ、ここで学んだ財務スキルを使って、色んな企業の利益を分析してみてはいかがでしょうか?

この記事がみなさんの参考になれば幸いです。

人気記事【超カンタン!】経営に必須の財務スキル【損益計算書の見方とは?】

人気記事プレゼン資料作成スキル【ゼロからクライアント開拓した構成とは?】