【結局どれがいいの?】S&P 500に連動するETFを徹底比較!

INVESTMENT STOCKS

S&P500のETFで悩む人「S&P500に連動するETFに投資をしたい。だけど、同じようなETFがいくつもあってどれにしようか迷うなぁ。」

こんにちは、旅リーマンのZuminです。

今回は、そんな方へ向けた記事です。

S&P500は順調に成長しつづけるインデックスとして、長期投資家のポートフォリオのコアに据えている人が増えています。

ただ、一口にS&P500連動のETFと言っても様々な運用会社が発行していて、どれに投資しようか迷う人も多いはず。

ということで、この記事ではS&P500連動の4つのETFを徹底比較し、それぞれの特徴を解説していきます。

もくじ

  • S&P500連動ETFにはどんなものがあるの?
  • 各S&P500連動ETFの特徴
  • S&P500連動ETF、結局どれがいいの?

S&P500連動ETFにはどんなものがあるの?

そもそもS&P 500って何?

S&P 500は、ニューヨーク証券取引所、NASDAQなどに上場する機業500社を時価総額加重平均で指数化、アメリカの代表的な株価指数の1つです。

この500社だけで、アメリカの株式市場の約80%以上を網羅しているため、その時々の相場の状況を知る上で重要な指標とされています。

S&P 500のトップ10組入銘柄とは?

ティッカー会社名比率
AAPLApple Inc.6.352166%
MSFTMicrosoft Corp.5.884215%
AMZNAmazon.com Inc.3.925639%
FBFacebook Inc. Class A2.380505%
GOOGLAlphabet Inc. Class A2.269589%
GOOGAlphabet Inc. Class C2.169005%
TSLATesla Inc.1.529247%
NVDANvidia Corp.1.452775%
BRK.BBerkshire Hathaway INC. Class B1.388139%
JPMJP Morgan Chase & Co.1.26677%
出典:spglobal.com 2021/8/31 時点

GAFAを中心に、誰もが知る有名企業がほとんどで構成されていますね。

過去5年間のチャートで見ると、上げ下げを繰り返しながらも右肩上がりで成長していることがお分かりいただけると思います。

S&P 5005年チャート

今回紹介する4つのETFは、このS&P 500の指数に連動したパフォーマンスを目指し運用されているため、アメリカの主要企業500社へ投資していることと同じ効果が期待でき、長期投資家の間のコア銘柄として人気のETFとなっています。

ティッカー銘柄名運用会社
SPYSPDR S&P 500 ETF Trustステート・ストリート社
IVViShares Core S&P 500 ETFブラックロック社
VOOVanguard S&P 500 ETFヴァンガード社
SPLGSPDR Portfolio S&P 500 ETFステート・ストリート社

どのETFも歴史が長く、信用性の高い運用会社から発行されていることから、どれがいいのか迷いますよね。

ということで、各ETFの違いや特徴などを見ていきましょう。

各S&P500連動ETFの特徴

各S&P500連動ETFの特徴

どれも同じS&P 500指数に連動を目指すETFですが、それぞれ特徴や若干の違いがあるので、こちらで確認していきましょう。

SPY

SPYはステート・ストリート社によって提供され、唯一90年代から運用されている大ベテランETF。

4つのETFの中で最も歴史が長く、世界で初めて誕生したETFとしても有名です。

手数料が0.09%と一番高いものの、流動性が高く、主に機関投資家に人気のETFとなります。

純資産総額$398.37 Billion(約43兆円)
取引所NYSE Arca
設定日1993年1月22日
ベンチマークS&P 500 Index
経費率0.0945%
配当利回り1.30%
構成銘柄数505
出典:ssga.com 2021/9/10 時点

SPYは意外と知られていませんが、Unit Investment Trust(UIT)と呼ばれる特殊な形式のファンドで、期間の定めがあります。

2118年の1月22日に満期を迎えることになっていますが、長期的な運用を期待されていることから、運営会社が倒産しない限りは事実上、延長しながら永続的に続いていくということになっていたりします。

また、原則的にポートフォリオをから得た配当金を再投資することはできないので、四半期 or 1年ごとに分配金として投資家に支払う義務があるというのも特徴です。

SPY1年3年5年10年
トータルリターン40.90%18.51%17.51%14.71%
出典:Yahoo! Finance 2021/9/13 時点

IVV

IVVはブラックロック社のiSharesブランドから発行されているETF。

0.03%と最安水準の手数料に加え、流動性、運用資産などSPYに次ぐ規模で、バランスが良く、運用資産額では世界第2位にランクされるETFです。

純資産総額$306.29 Billion(約33兆円)
取引所NYSE Arca
設定日2000年5月15日
ベンチマークS&P 500 Index
経費率0.03%
配当利回り1.28%
構成銘柄数505
出典:ishares.com 2021/9/10 時点

IVVはこれまで0.04%だった手数料を2019年4月に0.03%まで下げ、さらに運用額を伸ばしています。

1日平均で400万株以上が取引されており、流動性は非常に高いです。

IVV1年3年5年10年
トータルリターン36.41%18.12%17.32%15.29%
出典:Yahoo! Finance 2021/9/13 時点

VOO

VOOはヴァンガード社によって提供されるETFで、低コストが売り。

手数料が0.03%と最低水準で長く持ち続けられる安心感から、世界のETFランキングでは4位の運用規模。

日本の証券会社のランキングデータからすると、S&P連動型ETFでは日本人の個人投資家界隈の人気No.1のETFとなります。

純資産総額$254.65 Billion(約28兆円)
取引所NYSE Arca
設定日2010年9月7日
ベンチマークS&P 500 Index
経費率0.03%
配当利回り1.34%
構成銘柄数507
出典:vanguard.com 2021/9/10 時点

ヴァンガード社は、低コストが魅力で多くの個人投資家から愛されており、VOOもその1つです。

SPY、IVVに比べると運用資産額が少なく、流動性は低くなりますが、それでも1日平均で300万株以上が市場で取引されているため十分と言えるでしょう。

VOO1年3年5年10年
トータルリターン40.97%18.56%17.60%14.80%
出典:Yahoo! Finance 2021/9/13 時点

SPLG

SPLGはSPYと同じくステート・ストリート社によって提供されるETFです。

4つのETFの中で最も歴史が浅く、1株当たりの株価が他と比較して安価で買えるため、少ない資金からでも多くの株数を買えるというのが特徴になります。

純資産総額$12.49 Billion(約1.3兆円)
取引所NYSE Arca
設定日2005年11月8日
ベンチマークS&P 500 Index
経費率0.03%
配当利回り1.33%
構成銘柄数505
出典:ssga.com 2021/9/10 時点

SPLGは2019年までは、別の大型株インデックスに連動するETFでしたが、ステート・ストリート社の戦略変更により、S&P 500連動のETFへと変更されました。

機関投資家が主なSPYよりも手数料を抑え、個人投資家をターゲットとしたETF商品になります。

SPYの廉価版ETFと言ったところでしょうか。

SPLG1年3年5年10年
トータルリターン40.97%18.69%17.73%14.70%
出典:Yahoo! Finance 2021/9/13 時点

SPLGに関しては、別記事にてさらに詳しく解説しているので、以下リンクよりご確認ください。

S&P500連動ETF、結局どれがいいの?

S&P500連動ETF、結局どれがいいの?

結論、同じ指標をベンチマークにしているので、以下の比較の通りパフォーマンスに関しては、ほとんど差はありません。

S&P 500 ETF比較チャート
出典:Yahoo! Finance 2021/9/13 時点

運用会社手数料5年リターン配当利回り1日の平均取引
ボリューム(3ヶ月)
総運用
資産
設定日
SPYState Street0.09%17.51%1.30%60,887,680$398.37 billion1993/1/22
IVVBlackRock0.03%17.32%1.28%4,067,274$306.29 billion2000/5/15
VOOVanguard0.03%17.60%1.34%3,619,505$254.65 billion2010/9/7
SPLGState Street0.03%17.73%1.33%1,714,640$12.49 billion2005/11/8
出典:Yahoo! Finance 2021/9/13 時点

なので、投資において何を重視するかということで、あとは好みでの判断になると思います。

まとめ

まとめとして、どのポイントを見るべきか、簡単にまとめたので参考にしてみてください。

重視するポイントデメリット
SPY流動性が高いので、どんな状況下でも現金化しやすい株価、手数料が0.09%と高い
IVV手数料・流動性のバランスが良い1株あたりの株価が高い
VOO手数料・配当利回りのバランスが良く、日本語の情報が多い1株あたりの株価が高い
SPLG手数料・株価が安く、少ない資金でより多くの株数が買える歴史が浅く、流動性が低い

機関投資家など大口の投資家はSPY。

個人投資家であれば、安定感とバランスの取れたIVVかVOO。

投資金額が少額で、ボリュームを気にしないということであればSPLGという感じですね。

さいごに

ということで、今回はS&P 500に連動を目指すETF4選を紹介していきました。

どのETFもパフォーマンスという面では、長期でならすと誤差の範囲です。

あとは、「手数料・流動性・持っている資金」などそれぞれの条件でフィットするものを当てはめていけば、間違いはないはずです。

ちなみに、どのETFも日本のメジャー証券会社で購入可能となっています。

海外在住、または今後海外移住の予定があるという方は、以下の海外証券会社で口座開設をしておくのがおすすめです。

人気記事【SPYより手軽!?】S&P500連動のETF SPLGについて解説!

人気記事Firstradeの口座開設方法とは?【米国株が手数料無料!】