【次世代エネルギーの要】LITのETFでリチウムに投資!

ETFs INVESTMENT

LITについて知りたい人「EVの普及でリチウム・バッテリー業界への投資がアツいらしい。だけど、個別株で投資していくのは難しそう。LITというETFはどうなんだろう?」

こんにちは、旅リーマンのZuminです。

世界的にEVの販売に急速にシフトしてきていますね。

アメリカではカリフォルニア州、ヨーロッパでも2035年までにガソリン車の販売を禁止すると発表され、投資対象としてもますます盛り上がりを見せています。

そんな中、EVの根幹を担うリチウムバッテリーにも注目が集まり始めています。

とはいえ、個別株投資していくのは至難の技ですよね。

ということで、今回はリチウムやバッテリー業界でイケてる企業に投資できるETF、LITというETFについて紹介していきます。

もくじ

  • LITってどんなETF?
  • LITの構成銘柄とパフォーマンス
  • LITの購入方法とは?

LITってどんなETF?

LITってどんなETF?

LITは正式名称 Global X Lithium & Battery Tech ETF で、その名の通りリチウムバッテリーの製造に関わるあらゆる企業にまとめて投資ができるETFです。

純資産総額$5.64 billion(約6,400億円)
取引所NYSE Arca
設定日2010年7月22日
ベンチマークSolactive Global Lithium Index
経費率0.75%
配当利回り0.17%
保有銘柄数41
2021/11/8 時点

運用会社は「普通を超えるETF」がコンセプトのグローバルX社。

Solactive Global Lithium Indexというリチウムの採掘・精製からバッテリーの製造までに関わる40社で構成された指標と同等のパフォーマンスを目指して運用されています。

経費率は、0.75%なのでアクティブ運用並みの手数料がかかってくるのはちょっと気になりますね。

配当利回りは0.17%と若干ですが分配金が出ており、半年に1度のペースで支払われています。

そもそもリチウムって何?

そもそもリチウムって何?
出典:Mining Global

リチウムは、アルカリ金属元素の1つでカーボンニュートラル(二酸化炭素排出ゼロ)の社会実現のカギを握るEVなどに必要な蓄電池に使用される資源です。

世界のリチウムの埋蔵量は約1億1100万トンにのぼり、チリとオーストラリアだけで65%を占めていると言われています。

現在の生産規模であれば、200年以上は持つとされており、「次世代のエネルギー」として考えられています。

2020年までは、リチウムの価格は過剰供給で価格が低迷していましたが、世界で急激なEVシフト、環境配慮の圧力がかかり、最も効率が良く安価に提供できるリチウム電池に注目が集まっているというわけですね。

LITの構成銘柄とパフォーマンス

LITの構成銘柄とパフォーマンス

まずはLITのリアルタイムチャートを見ていきましょう。

LITのパフォーマンスですが、1年で113%は圧巻の数字で、3年、5年の長期でも30%以上は個別株並み。

設定来でも11%を超えており、かなり優秀なETFと言えると思います。

LIT1年3年5年10年設定来
トータルリターン113.15%46.80%33.32%12.74%11.58%
出典:globalxetfs.com 2021/10/31 時点

ちなみに、同じリチウム業界に投資できるAmplify社のBATT(水色)というETFがありますが、両者のパフォーマンスを比較するとLIT(青)の強さは一目瞭然です。

LIT vs BATT

2020年のETFパフォーマンスランキングでは、名だたるETFの中でLITは15位にランクインしたこともあります。

LITランキング
出典:ETF.com 2020年データ

これだけのリターンを生み出してくれるのであれば、0.75%という経費率も納得ですね。

LITのトップ10構成銘柄

それでは、そんなLITがどんな銘柄で構成されているのかチェックしていきましょう。

リバランスは1年に1度のタイミングで行われます。

比率会社名ティッカー保有株数
11.40%Albemarle CorpALB2,378,853
6.28%Tesla IncTSLA292,015
5.16%TDK Corp6762 JP7,438,244
4.93%BYD Co Ltd1211 HK7,018,976
4.86%Contemporary A-A300750 C22,786,005
4.59%Samsung SDI Co Ltd006400 KS409,542
4.58%Eve Energy Co Ltd -A300014 C214,664,197
4.35%Wuxi Lead Inte-A300450 C218,756,586
4.35%Ganfeng Lithium Co Ltd- A002460 C29,731,134
4.25%Panasonic Corp6752 JP19,914,794
出典:globalxetfs.com 2021/11/5 時点

トップ10構成銘柄に日本のTDKとパナソニックが入っていることも驚きですが、ティッカーを見て分かる通り米国外の企業に分散がされているように感じますね。

実際に、国別の構成比率を見てみると中国が45.4%、アメリカ21.9%、韓国10.9%、日本が9.8%と世界各国に分散されていることが分かります。

LIT国別比率

比率こそ小さいものの、リチウム埋蔵量トップのチリ、オーストラリア、アルゼンチンなどなかなかアクセスがしづらい国のニッチ銘柄にも投資できるという意味では非常に貴重なETFではないでしょうか?

LITの購入方法とは?

LITの購入方法とは?

LITの取り扱いを日本からも利用できるメジャーな証券会社で調べてみましたが、以下すべての証券会社で取り扱いがありました。

証券会社Firstrade証券楽天証券SBI証券マネックス証券IG証券
LIT

通常、海外ETFは運用会社が日本の金融庁に届出を出すまでは、日本の証券会社では取り扱いができないそうです。

ただ、グローバルX社は2019年に日本支社を設立し、積極的にプロモーションかけているので、LIT以外のETFのラインナップも徐々に増えていきそうですね!

さいごに

ということで、今回は次世代エネルギーのカギを握るリチウム産業に投資ができるETF、LITについて解説していきました。

各国の対応を見る限り、あと数十年でEVへのシフトはほぼ強制的に行われ、この流れには逆らえないでしょう。

テスラなどのEVメーカーに投資をするのもいいですが、それを動かすための資源や技術などの上流から下流まで押さえておくのも面白そうですね。

リチウムに興味を持った方は、LITをポートフォリオに組み込んでみてはいかがでしょうか。

人気記事【テーマ型ETFで注目!】グローバルXってどんな会社?【米国株投資】

人気記事【知れば知るほどワクワク】テスラのビジネスモデルがヤバい!