ロゴ

初めての転職活動の始め方【失敗談あり】

CAREER

初めて転職をする人「転職をしたいけど、初めてで何をしたらいいのかわからない。失敗しないためには、どんな準備すればいいのだろう?」

本記事ではそんなあなたの疑問に答えます。

もくじ

  • 転職活動を始める前にすべきこと
  • 転職活動で注意すべきこと
  • まとめ

この記事を書いている僕は、2度転職を経験、大企業→スタートアップ→中小企業をひと通り経験し、仕事を通して経験値を上げつつ、いずれも年収UPに成功しています。

失敗談などリアルな経験に基づいて話していくので、参考にしていただければ幸いです。

転職活動を始める前にすべきこと

転職活動を始める前にすべきこと

  • その①:自己分析とキャリアプラン
  • その②:転職理由と条件を明確にする
  • その③:自分の条件に合った企業を探す

その①:自己分析とキャリアプラン

まずはじめにやるべきことは、転職サイトに登録することではなく、自分が今後どういうキャリアにしていきたいか明確にすることです。

以下の通り。

  • 10年後にどうなっていたいか
  • 興味のある分野
  • 手に入れたい役職

10年後にどうなっていたいか

仕事を通じて自分がどうなりたいのか、今の現状と理想像を書き出してみるとまとめやすいです。

ちなみに、これは面接の定番の質問でもあるので、しっかりと答えられるようにしておくのが大切です。

答え方に正解はないものの、採用する企業側としては、応募者のキャリアの志向とお互いの方向性がマッチしているかどうか、確認する意図があります。

僕は現在面接で採用する立場にいるのですが、応募者の「成長意欲」を確認するために、この質問は必ずします。

そこにパッションやエネルギーを感じないとやはり、入社してもパフォーマンスは上がらないので、この質問を具体的に答えられる人でないと、採用は難しいです。

興味のある分野を見つける

興味のある分野で仕事をするということは非常に大切です。

100%の理想は、なかなかないのが現実ですが、少しも興味を持てない仕事だと、精神、体力的に消耗しますし、何よりもパッションがない仕事で、長続きはせず、スキルを上げることも難しいからです。

自分の興味の軸を決めて、この業界以外は受けないというくらい絞った方が求人も見つけやすいです。

ちなみに僕はIT業界でマネージメント職についていますが、

IT業界、裁量がある、将来にAIに取って替わられない仕事

という感じで、そこに当てはまらないものを消していったので、軸はブレずにキャリアを積み上げることができています。

手に入れたい役職

これは10年後にどうなりたいかに含まれるかもですが、役職や地位などイメージできるとその会社で実現できるのか、明確に見えてくるのでより良い結果が生まれやすくなります。

例えば、

営業マンとして数字を残し続け、リーダーとしてチームをもって部下を育てたい。その後、マネージャーとして複数のチームを管理しながら、成果を出し、部長に成り上がりたい。

これくらい具体的にビジョンが見えていると、必然的に自分は何をすべきか、どういう会社でどんな仕事をすべきかという軸ができてくるので、採用する企業側としても採用後のイメージが湧きやすくなり好印象を与えることができます。

その②:転職理由と条件を明確にする

なぜ転職をしたいのか、 次の職場で何を求めるのかを具体的に考え、整理しましょう。

そもそも、転職することになった原因をはっきりわかっていなければ、次の職場でも同じ過ちを繰り返してしまう可能性は高いですよね。

おそらく、転職の不満の多くは以下だと思います。

  • 人間関係
  • 金銭的問題
  • 業務内容

例えば、僕の友人のケースだと、今も営業で営業が嫌いだけど、とりあえず大きい会社で、給料も上がるし、転職してみた→半年後、退職

結局、転職で解決できたのは金銭の問題だけ。

業務内容は自分のやりたいことではないので、メンタルを消耗し、病んでしまいました。

こうならないためにも、どんなことを優先するのかを考え、これだけは譲れないという軸をもつようにしましょう。

その③:自分の条件に合った企業を探す

転職する決意とどんな仕事をするかが決まれば、次は企業を探すことです。

探し方は、ハローワークや求人誌を薦めているサイトもありますが、今の時代なら転職サイトと転職エージェントの合わせ技一択ですね。

間違いなく情報も更新も早いですし、求人を見た後ですぐに会社の情報も調べられるので。

条件だけでなく、会社のビジョンや創業者の想いなど共感できるかどうかを見ていくのもポイントです。

会社の社風や方針、サービス内容など求人票にはない細かい情報は、会社の公式サイトなどで確認するようにしましょう。

よくある質問:転職サイトと転職エージェントの違い

よくある質問:転職サイトと転職エージェントの違い

  • 転職サイト    → 自分で求人を見つけ応募する (能動的)
  • 転職エージェント → 担当者に求人を紹介してもらう(受動的)

転職サイト → 自分で求人を見つけ応募する(能動的)

一部スカウトサービスなどありますが、基本的には個人情報と希望条件を登録し自分で情報を取りに行くスタイルです。

業界、職種、地域、年収など細かな設定でフィルターをかけることができるので、そこで出てきた企業を一通り見て、興味があるものは自分から応募していきましょう。

転職エージェント → 担当者に求人を紹介してもらう(受動的)

専任の担当者と面談、希望条件に合ったものをメールなどで随時連絡してもらう。

転職エージェントのいいところは実際に企業の担当者と直接どんな人が欲しいか、など対面で細かくやり取りをしているので、サイトでは得られない情報が手に入りやすいです。

また、困った時に間に入って質問に答えてくれるので、初めての転職の方は必須で登録したほうがいいです。

サイトやエージェントによって、取り扱う求人は違うので一通り登録しておくのが、間違いないです。

現場で働く人のリアルな声を聞く

応募先が自分に合う会社なのか、口コミサイトを使ってみておきましょう。

実際に働いている(もしくは働いていた)人のリアルな意見が見れるので、参考程度に見ておくといいと思います。

ただし、すでに辞めた人が会社にとって事実とは異なるネガティブなことを書いているケースもあるので、すべてを鵜呑みにしてしまうのは危険です。

僕がよく使う口コミサイト

企業の採用担当者はこういった口コミをチェックしていることが意外と多く、サイト上で挙げられた問題点はすでに改善されていることもあったりします。

転職活動で注意すべきこと (失敗談あり)

転職活動で注意すべきこと (失敗談あり)

僕も転職活動を何度か経験してますが、数々の失敗談があります…

この記事を読んでいるみなさんには、同じ過ちをしてほしくないので、以下、参考にしてください。

  • 一気にエントリーしすぎる
  • 求人サイトの公開制限
  • 同僚に転職の話をする

一気にエントリーしすぎる

大量に応募をしすぎて、日常生活に支障をきたしてしまう。

場慣れするために、ある程度の数をこなして面接の傾向をつかむということは必要ですが、やりすぎも注意です。

僕も過去に焦って、あれもこれも応募をしすぎた結果、複数のエージェントや会社から面接が一気に入り、生活に支障が出てしまうという経験をしたことがあります。

興味がないのに、とりあえず受けておこうとなるとお互いに時間のムダになってしまいます。

そうならないためにも、選考中に興味が持てなかった場合はこちらからお断りする勇気も必要です。

求人サイトの公開制限

転職サイトでは登録された個人情報の一部を企業側で確認することができます。

そのため、自分が今勤めている会社にバレてしまうことも。。。

なので、サイトに登録する経歴などは会社名やプロジェクト名を入れず、個人が特定できないような書き方にすることが必要です。

求人サイトによっては、自分が勤めている会社をブロックする機能があるので、あらかじめ設定をしておきましょう。

転職サイトだけではなく、転職エージェントと直接話すことで、こういった問題は解決できるので、できれば両者をうまく使い分け、求人を探していくのが最良です。

同僚に転職の話をする

「実は転職活動して、あの会社受けてるんだよね」

飲みの席や普段の同僚との会話で、ついついこんなことを話してしまうかもしれませんが、これは超危険です。

こういったウワサ話は広がると一気に社内でバズります。

どこの会社を受けているとチャットで流されたこともあり、ヒヤヒヤした経験がありました。

どれだけ信頼できる人でも、誰が誰に話してしまうかわかりません。

「自分以外は信用しない」くらいの気持ちで、基本的には同僚に話さないことを徹底した方が安全です。

立つ鳥跡を濁さず

よく転職活動中や退職する前の人は明らかにモチベーションが下がり、周りに負のオーラをばらまきがちなのですが、これは雰囲気を悪くするだけでお互いに得がないのでやめましょう。

僕が新卒のころ、最初の上司が辞める際に、「立つ鳥跡を濁さず」という言葉を聞き、その考えは今も心に残っており実践しています。

当時営業職でしたが、最後までバリバリ数字を出し目標を達成して、きれいに辞めていった姿をみてかっこいいなーと、素直に尊敬しました。

次の職場で気持ちよくスタートするためにも、ここは意識しておきたいですね。

まとめ

まとめ

転職を始めるためにすべきこと

  • ①:自己分析とキャリアプラン
  • ②:転職理由と条件を明確にする
  • ③:自分の条件に合った企業を探す

ここまで整理できたら、いざ行動に移すのみです。

転職を成功させるポイントは、転職サイトに登録して自分で準備を進めつつ、並行して転職エージェントに相談することです。

数ある、転職サイトのなかで、僕が実際に利用して良かったと思ったサービスを以下にまとめておくので、まずは登録しておきましょう。

転職サイト

転職エージェント

転職しようとすると、何だかんだで半年以上かかったりするので、まずは動いてみましょう!

人気記事未経験でもIT業界に転職はできる?【伸びる業界でのキャリア設計】

人気記事インターネット広告業界に転職するってどんな感じ? 【業界経験者が語る】