フィリピンに移住するってどんな感じ?【現地駐在員が語る】

DAILY LIFE LIFESTYLE

フィリピンに移住したい人「フィリピンで移住するにはどんな条件が必要で、どんなメリット・デメリットがあるのだろう?それに仕事や費用はどれくらいかかるのかな?」

今回は、そういった方の疑問に、現在、フィリピン・マニラで生活をしている僕の実体験をもとに、お答えしていきます。

もくじ

  • フィリピンのビザ
  • フィリピン移住のメリット・デメリット
  • フィリピンでの生活費
  • 実際にフィリピンに住んでみて
  • まとめ

フィリピンのビザ

フィリピンのビザ

  • ビザなし
  • 観光ビザ
  • 特別就労許可(通称:SWP)
  • 労働査証 (通称:9Gビザ)
  • 特別居住退職者査証 (通称:SRRV)

フィリピンには全14種類のビザがありますが、ここでは一般的に就労、移住で必要とするケースが多いビザのみ紹介していきます。

ビザなし

観光目的もしくは商用で訪れる場合、最大30日以内の滞在。日本国籍で、パスポートの有効期間が6ヶ月以上あり、他国へ出国する航空券を所持していることが条件です。

必ず、帰りの航空券を準備しておきましょう。僕は過去に帰国便を取ることを忘れ、チェックインギリギリの時間にカウンターで焦って購入した経験があり、ヒヤヒヤものでした。

観光ビザ

観光、または商談や出張などのためのビザで、最大59日間有効で、60日以上滞在する場合は、現地の日本大使館で延長手続き可能。

ビジネス目的で来ている場合、報酬を得る労働活動はできないので注意。

特別就労許可(通称:SWP)

最長6ヶ月(初回は3ヶ月有効、次回更新時に3ヶ月延長)フィリピン国内で無報酬の労働をしていることが条件のため、例えば日本の本社から現地支社に一時的に派遣され、現地スタッフに短期間の研修や技術指導を行うといったようなケースが対象となります。

労働査証 (通称:9Gビザ)

雇用ビザである9Gビザは、有効期限1〜3年で更新が必要。(初回は1年)

フィリピンで働くとなると、多くの人が取得することになるビザです。

フィリピンでの受け入れ先となる会社や機関の推薦状が必要で、外国人労働局(DOLE)で外国人労働許可証(通称:AEP)を取得後、イミグレーションオフィスにて申請が可能となります。

このイミグレーションでの手続きが、写真と指紋をとるだけなのですが、指定された時間に手続きが始まらず、結局6時間ぐらい待たされて、非常に萎えました(笑)

特別居住退職者査証 (SRRV)

通称、リタイアメントビザ、永住権として有名。35歳以上の外国人が対象で、申請時に1ヶ月以上の滞在が求められ、年齢、プランにより異なるものの、20,000〜50,000USドル以上の費用と、退職庁の指定口座に定期預金が必要となります。

プランはクラシック(35〜50歳以上)、スマイル(35〜49歳)、ヒューマンタッチ(介護や療養を必要とする人のみ)の3種類があります。

初めてのビザ取得となると不安な方も多いかと思いますが、基本的には経験のある会社のスタッフか信頼のあるエージェントを経由して、手続きをサポートしてくれるため、指示に従えば問題ないです。

フィリピン移住のメリット・デメリット

フィリピン移住のメリット・デメリット

メリット

  • 明るい国民性
  • 英語
  • 日本からの距離
  • 気軽にリゾート

明るい国民性

スペインによる統治が長かったことからか、ラテンのノリが強いです。
歌や踊りが好きな人が多く、鼻歌を歌いながら仕事をしていたり、子供のようにガハハと大きな口を開けて笑いながら、談笑している姿をよく見かけます。

英語

英語が公用語の1つとなっており、多くの人が理解でき話せます。そのため、最低限の日常会話ができれば、普段の生活には支障はほとんどありません。

マニラで話されているタガログ語も、”タグリッシュ”という混成語があり、英語でしか表せない表現が多くあるため、英語とタガログ語のミックスで話されることが多いです。その部分が聞き取れると、話の内容はだいたい分かるようになります。

日本からの距離

日本から飛行機で3時間半〜4時間なので、他の東南アジア諸国に比べて近く、帰省の際の飛行機代が減り、時間がかなり短縮されます。(ちなみにジャカルタから日本へは倍の8時間かかってました。)

また時差も1時間(日本のマイナス1時間)のため、日本にいる家族、友人とのオンラインでのコミュニケーションのハードルは低いです。

気軽にリゾート

セブ島は非常に有名ですが、それ以外にもパラワン、ボラカイ、ダバオなど2、3日連休があれば気軽に行けるリゾートがたくさんあります。

周辺国に比べ、休みが割と多い国なので、仕事で疲れた時や、都会の喧騒を忘れたい時に心と体をリセットしに行くのがおすすめです。

デメリット

  • 自由すぎる国民性
  • 衛生面
  • 渋滞

自由すぎる国民性

ドタキャンや遅刻は日常茶飯事。予定をしっかり立てて完璧に動きたい僕は、それが結構なストレスになります。

また、家族やプライベートを重要視するカルチャーのため、フィリピン人にとって一番大事なイベントであるクリスマスが近づくと休みがちになり、ほとんど働かなくなります。

自分にコントロールできないことは考えないようにする、この意識を持つことがメンタルを保つ上で結構大事です。

衛生面

東南アジアの多くの国で未だにある問題ですが、フィリピンにおける衛生面で気になるポイントは特に多いように感じます。

ディーゼルで黒い煙をモクモクと吐くジプニーやバスが道路を走りまくり、大きなショッピングモールの公衆トイレでもトイレットペーパーがないところがあったりします。

また、日差しが強いので、冷蔵庫に物を入れていても、すぐにカビてダメになってしまうことも多いです。

僕も先日、Grab Foodでデリバリーをしたのですが、そこに入っていたチーズがダメだったらしく、食中毒にあってしまいました。

それ以前にも2度あたったことがあり、それなりにちゃんとしたレストランでもこういったリスクは潜んでいるので、生野菜や生ものは信頼できるお店以外では控えた方が安全です。

渋滞

インドネシアでもそうでしたが、フィリピンの渋滞もかなりやばいです。

公共の交通機関の選択肢の少なさ、道路環境の悪さ、ライドシェアのサービスのドライバー数が乏しいことから、他国に比べ苦労が多いです。

エドサという大通りでは常に渋滞が発生しており、ハマると2、3時間出れないことは日常茶飯事です。

週末を除いて、予定がある際は計画的に1〜2時間余裕を持って出発するのがおすすめです。

フィリピンでの生活費

フィリピンでの生活費

では、実際に生活する上でどれくらいの生活費がかかるのか?

以下、費用は僕自身の平均的な月の固定費です。

20代、男性、一人暮らし、マニラ市内

  • 家賃(プール、ジム付き2LDKコンドミニアム):約6万円
  • 水道・光熱費(水道:1,000円、電気代:4,000円、ガスはプロパン:1,700円ほど)
  • ネット:3,000円
  • 携帯データ:10GB、電話、テキストメッセージ使い放題  2,000円
  • 食費2万円程(自炊8割:外食2割)
  • 交通費:Angkas(バイクタクシー) 2,000円
  • 計:93,700円

フィリピンに来て、意識的に外食を減らし自炊にするようにしていますが、日本の調味料や、ちゃんとした食材を買おうとすると、日本の倍以上のお金がかかってくるため、どうしても高く付いてしまいます。

電気代が結構高いのと、特にインターネットは、まだまだ接続が不安定、遅い上に価格が高く、正直なところコスパはあまり良くないです。

通貨も1ペソ=2.1円(2020年2月2日時点)なので、日本円ベースで生活をすると、ふと残高見ると結構お金かかってるなって時が結構あります。

食費、家賃など、削ろうと思えば、削れるところはいくつかありますが、なるべくを生活のストレスを減らしたいという方は、それなりにコストはかかってくることは覚悟が必要という感じです。

実際にフィリピンに住んでみて

実際にフィリピンに住んでみて

僕は、2015年〜2017年の2年と、現在2度フィリピン駐在を経験していますが、この国の課題は、未だに蔓延る汚職と優秀な人材の国外流出、それによって生まれる国内の貧富の差だと思います。

それでも、フィリピンはGDP5%台で、堅調に成長しており、ポテンシャルはかなり高いマーケットなので、今後の成長に貢献できればと思いつつ働いています。

とは言え、お金なくてもハッピー!みたいな人が多い国民性なので、どこまで行けるのか、本当に成長を求めているのか、この世で生きていくのに何が大切なのか、など考えさせられることも多々ありますが。。。

また、フィリピンはまだまだ治安が悪いイメージがある人も多いかもしれませんが、BGC、マカティ、オルティガスといった3大ビジネスエリアでは、徐々に街並みも洗練されつつあり、もちろん日本と全く同じ感覚ではいけませんが、普通の生活をしていれば、特に大きなトラブルに巻き込まれることはそうそうありません。

フィリピンでトラブルになるケースは、怪しいビジネス、お金、異性関係がほとんどなので、どういった人と付き合うかは自分の身を守るためにも慎重な見極めが必要です。

まとめ

まとめ

以下、まとめです。

  • 明るい国民性で、英語でOK
  • 衛生面や渋滞、自分にコントロールできないことは考えない
  • 物価はピンキリだが、生活のストレスを減らすと結局高く付く
  • 付き合う人をしっかり見極める

不便や理不尽なことが多いフィリピンではありますが、人口は1億人を超え、人口ボーナスは2062年まで続くという、まだまだ伸び代のある国です。

だからこそビジネスとしてのチャンスはありますし、そんなチャレンジングな環境で、英語を使いながら転職、移住したいなんて方にはおすすめの国です。

この記事が、少しでもフィリピンへの転職、移住を考えている方の参考になれば幸いです。

それでは、また!

人気の記事東南アジアで転職する際のおすすめエージェントとサイト6選!【転職必勝法も公開します】