【円安ドル高対策】米ドル先物ETFのUUPとは?

INVESTMENT STOCKS/ETFs

円安が気になっている人「円安が急激に進んで将来が不安…このタイミングでドル資産に移動しつつ、逆に資産を増やす方法はないだろうか?」

こんにちは、旅リーマンのZuminです。

そんな疑問を持つ方向けの記事です。

みなさんご存知のとおり、2022年に入り、ものすごい勢いで円安ドル高が進んでいますね。

さらに世界中でインフレの懸念も高まるなか、今後も物価は上がるのに、日本円の価値は下がり続けることが予想されます。

こんな状況を逆手にとって、うまく資産を増やしていきたい方向けにUUPというオルタナティブETFについて紹介していきます。

CFDなら世界12,000銘柄の取り扱い

もくじ

  • UUPってどんなETF?
  • UUPのパフォーマンスとは?
  • UUPの購入方法は?

UUPってどんなETF?

UUPってどんなETF?

UUPは正式名称 Invesco DB US Dollar Index Bullish Fundで、Invesco社が発行するオルタナティブ投資ETFとなります。

「米ドル強気ETF」という名の通り、ドルが高かろうが安かろうが、常にロングポジションを取り続けるETFです。

運用資産総額$1.74 Billion(約2,340億円)
取引所NYSE Arca
設定日2007年2月20日
インデックスDB Long USD Currency Portfolio Index Excess Return
経費率0.75%
平均取引量(1ヶ月)3,373,201
出典:invesco.com 2022/6/10 時点

UUPの純資産は2,000億円を超えており、ここ数ヶ月のドル高傾向で出来高も急激に上がっているETFの一つです。

ただ、通常の株式ETFとは異なり特殊な投資商品であることから、経費率が0.75%と若干割高なのは気になるポイントでしょうか。

とはいえ、そもそもガチホするというより、投機的に使うETFなので、そこまで大きな問題にはならないかもしれません。

UUPの仕組み

UUPはアメリカ国債などリスクの低い投資商品を担保に、USDXというドル先物契約のみで構成されているETFとなります。

担保純資産比率
Invesco Government & Agency Portfolio60.35%
United States Treasury Bill35.90%
Invesco Treasury Collateral ETF2.86%
Cash/Receivables/Payables0.05%
出典:invesco.com 2022/6/10 時点

先物純資産比率
U.S. Dollar Index (USDX)100.02%
出典:invesco.com 2022/6/10 時点

USDXの対通貨の構成比は以下のようになっています。

Euro57.60%
Japanese Yen13.60%
British Pound11.90%
Canadian$9.10%
USDSwedish Krona4.20%
Swiss Franc3.60%
出典:invesco.com 2022/6/10 時点

対ユーロが50%以上を占めており、続いて日本円も13%で2位の比率となっていますね。

UUPのパフォーマンスとは?

UUPのパフォーマンスとは?

次に、UUPのチャートからチェックしていきましょう。

米ドルという通貨が対象なため、ジェットコースターのような上げ下げが繰り返されており、2021年後半から2022年はそれが顕著に表れています。

UUP長期チャート
出典:Yahoo! Finance

チャートが表すとおり、ここ1年は12%と大きなリターンを見せています。

UUP1年3年5年10年設定来
パフォーマンス12.31%1.75%2.30%2.02%0.84%
出典:invesco.com 2022/6/10 時点

基本的にはどんな環境でもドルにロングし続けるETFなので、長期ではリターンがわずかになってしまうことがよくわかりますね。

UUPの購入方法は?

UUPの購入方法は?

UUPの購入方法について、日本の3大メジャー証券で検索してみましたが、取り扱いがありませんでした。

証券会社楽天証券SBI証券マネックス証券IG証券Firstrade証券
UUP×××

日本語で利用できる証券会社なら、外資系のIG証券に取り扱いがありました。

CFD口座ではありますが、日本のメジャー証券ではなかなか買えない株やETFの取り扱いも豊富です。

UUPを購入したいという方は以下のリンクより、口座開設を検討してみてください。

>> IG証券で口座開設する

またUUPを現物で買いたいという方は、日本人でも口座開設可能なアメリカのネット証券Firstradeもおすすめです。

Firstradeのおすすめポイント

  • アメリカ上場の株・ETFに制限なくアクセス可能
  • 取引手数料無料
  • 口座維持手数料なし

Firstradeであれば、UUPはもちろん、米国に上場する株式のほぼすべてを手数料無料で投資できるため、投資の幅が広がりますよ。

>> Firstradeで口座を開設する

詳しい口座の開設方法などは、このブログでも画像付きで解説しているので参考にどうぞ。

さいごに

ということで、今回は円安ドル高対策で投資を検討したいETFのUUPについて紹介してきました。

「有事の円」と言われた安全な通貨は今や昔。

とはいえ、ドルを銀行口座に置いておくだけではもったいない。

そんな逆境をチャンスに変えることができるETFがUUPなので、頭の片隅に入れておくといいかもしれませんね。

CFDなら世界12,000銘柄の取り扱い

IG証券

人気記事【米国株投資への第一歩!】ユニオンバンクの口座開設方法を解説

人気記事Wise(旧TrasnsferWise)の評判って実際どうなの?【海外送金ならこれ一択】