【低炭素戦略投資】iSharesのCRBNってどんなETF?

ETFs INVESTMENT

低炭素投資に興味がある人「世界中が脱炭素に向かっている。でも個別株で炭素排出が少ない企業を探すのは大変…CRBNっていうETFを見つけたけど、実際どんなETFなの?」

こんにちは、旅リーマンのZuminです。

世界中が脱炭素の流れに進む中、投資の条件に企業の炭素排出量を気にする投資家も増えてきましたね。

今回は、そんなESGの観点から低炭素排出系企業をまとめたETF、CRBNを紹介していきます。

もくじ

  • CRBNってどんなETF?
  • CRBNの構成銘柄とパフォーマンスは?
  • CRBNの購入方法とは?

CRBNってどんなETF?

CRBNってどんなETF?

CRBNは炭素排出の少ない大型企業に投資できるETFで、ブラック・ロック社のiSharesブランドから発行されています。

正式名称は iShares MSCI ACWI Low Carbon Target ETF で、ベンチマークは MSCI ACWI Low Carbon Target Index という指標と同等の成果を目指すETFです。

運用資産総額$1 Billion(約1,322億円)
取引所NYSE Arca
設定日2014年12月8日
インデックスMSCI ACWI Low Carbon Target Index
経費率0.20%
分配利回り1.49%
平均取引量(1ヶ月)18,653
保有銘柄数1,224
出典:ishares.com 2022/5/27 時点

CRBNの歴史は意外と長く、純資産額も1,000億円を超えています。

ただ、取引ボリュームはそこまで多く無いので、流動性はあまり期待できなさそうですね。

さらに気になるのは1,000を超える保有銘柄の多さ!

分散という意味ではかなり効いているように見えますが、パフォーマンスにはどのような影響を及ぼすのでしょうか?

CRBNの投資方針

CRBNの主な投資方針は以下の3つとなります。

  1. 化石燃料への依存度が低い世界の株式
  2. 他の同業と比較して炭素排出量の低い企業
  3. 先進国(23カ国)・新興国(24カ国)の大・中型株

CRBNの特徴としては、アメリカの株式に限らず幅広いマーケットと業種に投資できること。

低炭素がカギとなる次世代経済へ移行のリスクを減らしたいという投資家をターゲットにしているETFと言えそうです。

CRBNの構成銘柄とパフォーマンスは?

CRBNの構成銘柄とパフォーマンスは?

気になるCRBNのトップ10構成銘柄は以下の通りで、リバランスは半年に一度となります。

比率会社名ティッカー保有株数時価総額
4.08%APPLE INCAAPL279,344$41,801,036.16
3.20%MICROSOFT CORPMSFT119,952$32,775,684.48
1.74%AMAZON COM INCAMZN7,752$17,852,313.36
1.16%ALPHABET INC CLASS AGOOGL5,304$11,914,534.32
1.07%TESLA INCTSLA14,416$10,950,826.08
1.02%ALPHABET INC CLASS CGOOG4,624$10,431,651.52
0.82%JOHNSON & JOHNSONJNJ46,512$8,422,858.08
0.79%NVIDIA CORPNVDA42,840$8,058,632.40
0.77%META PLATFORMS INC CLASS AFB40,392$7,881,690.96
0.77%UNITEDHEALTH GROUP INCUNH15,504$7,862,233.44
出典:ishares.com 2022/5/27 時点

S&P500かと勘違いするほど、誰もが知る顔ぶればかりですね。

CRBNの組入銘柄をセクター別の割合で見てみると、ITが20%超えで圧倒的、続いて金融(16%)、ヘルスケア(12%)という順になっています。

CRBNセクター別割合
出典:ishares.com 2022/5/27 時点

一方、国別での割合で見てみると、アメリカが60%と圧倒的ですが、意外にも日本(5%)が2番目になっています。

CRBN国別の割合
出典:ishares.com 2022/5/27 時点

ちなみに日系企業ではトヨタ、三井物産、ソニーなどが組み入れられています。

CRBNのパフォーマンスはどうなの?

では、次にCRBNのチャートを見ていきましょう。

市場環境による大きな波は何度もあれど、基本的には右肩上がりで成長していっていることがわかります。

CRBNチャート
出典:Yahoo! Finance

CRBNのトータルリターンは以下の通りです。

CRBN1ヶ月3ヶ月1年3年5年設定来
トータルリターン-5.88%-7.43%-5.96%9.69%9.53%8.33%
出典:ishares.com 2022/4/30 時点

ここ1年は市場環境も悪くマイナスとなっていますが、長期で見ると8〜9%を安定的に残しており、悪くないETFと言えそうですね。

CRBNの購入方法とは?

CRBNの購入方法とは?

CRBNの購入方法について、日本の3大メジャー証券で検索してみましたが、取り扱いがありませんでした。

証券会社Firstrade証券楽天証券SBI証券マネックス証券IG証券
CRBN×××

今のところ、日本語で利用できる証券会社なら、外資系のIG証券に取り扱いがありました。

CFD口座となりますが、日本のメジャー証券ではなかなか買えない株やETFの取り扱いも豊富なので、CRBNを購入したいという方は口座開設を検討してみてください。

>> IG証券はこちら

また、海外口座を持っておきたい or 海外への移住を考えているという方には、日本人でも口座開設可能なネット証券Firstradeをおすすめします。

Firstradeのおすすめポイント

  • 取引手数料無料
  • 口座維持手数料なし
  • アメリカ上場の株・ETFに制限なくアクセス可能

Firstradeであれば、CRBNはもちろん、米国に上場する株式のほぼすべてを手数料無料で投資できるため、投資の幅が広がりますよ。

>> Firstradeで口座を開設する

詳しい口座の開設方法などは、このブログでも画像付きで解説しているので参考にどうぞ。

さいごに

ということで、今回は低炭素企業に投資ができるETFのCRBNについて紹介してきました。

何か尖ったETFというよりも、低炭素、ESGというキーワードを軸に世界中の大型株から中型株に投資ができるETFとなります。

脱炭素がカギとなる次世代経済への移行リスクを減らしたいという方は、CRBNをポートフォリオに加えてみてはいかがでしょうか?

人気記事【気候変動対策で恩恵】CO2排出権の先物ETF、KRBNとは?

人気記事【EV&自動運転車のETF】iSharesのIDRVとは?