【さらば仮想通貨の送金ミス!】ブロックチェーンドメイン取得方法とは?

BUSINESS CRYPTOS INVESTMENT TOOLS

仮想通貨投資家「仮想通貨を送金するのに、毎回複雑なウォレットアドレスをコピペするのは大変だし、送金ミスも怖い…もっと簡単に送受金できるようにしたいな。」

こんにちは、旅リーマンのZuminです。

仮想通貨を送金するのに、毎回長い英数字のアドレスをコピペするのは非常に面倒ですよね。

しかも、通貨の種類は増え続け、それぞれのブロックチェーンごとに異なるアドレスが付与されるので、管理はより大変に。

僕自身、毎回アドレスをミスってないかビクビクしながら送受金するのでメンタル的にも消耗しています。

そんな問題を解決してくれるブロックチェーンドメインが、にわかにブームになりつつあるので、この記事ではそのドメイン取得方法について解説していきます。

もくじ

  • ブロックチェーンドメインとは?
  • ブロックチェーンドメインの取得方法
  • ブロックチェーンドメインの有効化

ブロックチェーンドメインとは?

ブロックチェーンドメインとは?

ブロックチェーンドメインとは、その名の通りブロックチェーン上に保有される分散型のドメインのことで、.eth.walletを代表とする文字列があり、NFTドメインとも呼ばれています。

通常、仮想通貨の送受金には、26〜46文字の複雑な暗号アドレスが使われています。

ウォレットアドレス例:0xB9b1e-2f7151tb7b4C4CU537FcBe5b8F5y83c2bZ

さらに、ETH、MATIC、BSCなど基盤とするブロックチェーンごとにアドレスは変わるため、複数の取引所やウォレットを利用していると管理が煩雑になりがち。

間違えて別のチェーンのアドレスに送ってしまい大金を失うなんて人も増えています。

そもそもドメインは、Webサイトなどにアクセスする際のURLの末尾に位置する文字列で、.com.netなどインターネット上の住所の役割を担うもの。

本来183.181.89.52のようなIPアドレス(数字の列)で管理されているものを、tabiryman.comのように文字列化することで分かりやすくするという仕組みになります。

つまり、ブロックチェーンドメインを使えば、同じ仕組みを応用して仮想通貨の送金にも対応できるようになるというわけです。

Before:0xB9b1e-2f7151tb7b4C4CU537FcBe5b8F5y83c2bZ
After:tabiryman.wallet

どうでしょう?一目瞭然の覚えやすさですよね。

このドメインを使えば、BTC、ETH、ADAなどあらゆる通貨の送受金アドレスに紐づけることができるので、通貨ごとにアドレスを管理する必要がなくなります。

ちなみに、このドメインは仮想通貨の送受金だけでなく、ウェブサイトのドメインとしても有効なので、個人やビジネスでのブランディングの用途としても使えそうですね。

※ただし、SEO的には制限があるようで、コンテンツ管理用途の利用はまだ未知数。

すでに価格高騰するブロックチェーンドメイン

すでに良い文字列のブロックチェーンドメインは価格が高騰しており、OpenSeaなどのNFTマーケットでは、高値で取引されています。

OpenSeaドメイン
出典:opensea.io

ビールブランドのバドワイザーは「beer.eth」を96,000ドル(約1,000万円)相当の30ETHで購入しており、企業のブランディングとしても注目を集め始めています。

短くて分かりやすい文字列ほど人気で、価格が上がっているため、早めに取得しておくのが良さそうですね。

僕も実際にtabiryman.walletというドメインを取得してみたので、次の章では取得方法を解説していきます。

ブロックチェーンドメインの取得方法

ブロックチェーンドメインの取得方法

ブロックチェーンドメインを取得するためのステップは以下の4つとシンプルで、2〜3分で完了します。

  • ① ドメイン提供会社でアカウント作成
  • ② 空き文字列の検索
  • ③ ドメインをカートに追加
  • ④ 決済

① ドメイン提供会社でアカウント作成

Unstoppable Domains

ブロックチェーンドメインを提供しているのは、Unstoppable Domainsという企業で、現在は以下10種類のドメインが購入できます。

.x.crypto.coin.wallet.bitcoin
.888.nft.dao.zil.blockchain(準備中)

通常、Web用のドメインを利用する場合、年間での更新費用がかかり、更新作業を忘れると所有権を失うことになります。

一方の、ブロックチェーンドメインは1度の取得費用(最低20ドル〜)で半永久的に所有権を持つことができるのが最大のメリット。

まずは、Unstoppable Domainsでアカウントを作成し、自分の欲しい文字列が空いているかどうか、いくらで買えるか検索してみましょう。

>> Unstoppable Domainsはこちら

アカウントの作成は、メールアドレスとパスワードの入力だけでできるので超簡単です!

Unstoppable Domainアカウント作成

② 空き文字列の検索 ​

アカウントが作成できたら、「Domains」の「Domain Seach」から好きな文字列を入力してみましょう。

Unstoppable Domains検索

緑色のチェックマークが入っていれば取得可能、価格はドメインによって異なります。

ちなみに、3文字程度の短い文字列や一般的な名詞が入るドメインは「プレミアムドメイン」として扱われ、数百〜数千万円以上の価格で取引されています。
Unstoppable Domainsプレミアムドメイン

希望の文字列のドメインを選択して、「Add to Cart」ボタンでカートに追加しましょう。

③ ドメインをカートに追加 ​

カートに追加したら、「Go to Cart」で決済ページへ飛びます。

Unstoppable Domainsカート

「Do you live in the USA?」に「Yes」「No」で回答し、「Checkout」ボタンをクリック。

※アメリカ在住者の場合、Zip Code(郵便番号)の入力が必要になります。

Unstoppable Domainsチェックアウト

④ 決済 ​

決済方法は、クレジットカード、PayPal、仮想通貨、Crypto.comのウォレットの4種類から選択できます。

僕は情報入力が面倒だったので、PayPalで決済しました。

Unstoppable Domains決済

支払いが完了し、以下のような画面が出てくるのでドメイン取得は完了です。意外と簡単でしたね!

Unstoppable Domains購入完了

ここまで来れば、もう誰にも同じ文字列を取られることはないので安心です。

普通のドメインと違って住所など個人情報を登録する手間もなく、取得のハードルはかなり低いので、早めに好きな文字列を押さえておきましょう!

>> Unstoppable Domainsはこちら

ブロックチェーンドメインの有効化

ブロックチェーンドメインの購入が完了したら、送受金で使えるようにするため、以下の有効化作業を進めておきましょう。

  • ① Mintでドメインをブロックチェーンに書き込む
  • ② Manageでドメインに各仮想通貨のアドレスを追加

イーサリアムチェーンでこの作業をすると高額なガス代がかかりますが、レイヤー2のポリゴン(MATIC)を利用することでガス代を無料にすることができます。

Unstoppable Domains MINT無料
出典:unstoppabledomains.com

① Mintでドメインをブロックチェーンに書き込む

まずは「My Domains」から、購入したドメインを確認したら「Free Mint」のボタンをクリックします。

すると、ポリゴンチェーンでMintするための画面が表示されるので、「Continue」をクリック。

ポリゴン

本人確認のためのメール認証が出てくるので「Send Verification Code」をクリック。

メール認証

メールアドレスに届いた、6桁の英数字をコピペします。

メール認証入力

認証後、ウォレットの選択画面が出てくるので、使用するウォレットを接続しましょう。

ここでは一番メジャーなMetaMaskを選択していきます。

Unstoppable Domains MetaMask接続

以下の手順でMetaMaskの署名作業を行います。

MetaMask署名作業

署名が完了すると以下の画面が表示されるので、「I understand」にチェックを入れ「Confirm」をクリックします。

ドメインMint作業

Mint作業が開始されると「Track Progress」で状況を確認することができます。

ドメインMint開始

「Pending(保留中)」になっていることが分かりますね。

Mint保留中

その1分後には「Completed」に変わりました。さすがポリゴンチェーン!

ドメインMint完了

これで、ドメインのMint作業は完了です。

② Manageでドメインに各仮想通貨のアドレスを追加

ドメインのMintが完了したら、色々な仮想通貨の送受金で使えるようにするためにアドレスを追加しましょう。

再度「My Domains」ページへ戻り、ドメインの横に表示されている「Manage」ボタンをクリック。

ドメインManage

ETHとMATICチェーンはすでに入力されている状態になっているので、その他のよく使う通貨のアドレスを追加しておきましょう。

ここに表示されていない通貨は「Add Currency」で追加可能です。

送金アドレス追加

入力後「CONFIRM CHANGES」をクリックして、Walletで署名すればアドレスの追加作業は完了となります。

アドレス追加確認

お疲れ様でした!

さいごに

ということで、今回はブロックチェーンドメイン(NFTドメイン)について、取得から設定まで解説してきました。

現状、Unstoppable Domainsで取得したドメインによる送受金に対応する取引所やウォレットは90社まで広がっており、今後あたりまえに使われる時代が来るでしょう。

ブロックチェーンドメインは、一度取得すれば永久に自分の資産になります。

その分、良い文字列は早い者勝ちで競争になり、価格は高騰し、取得しづらくなることも予想されます。

そうならないためにもUnstoppable Domainsで、早めに好きな文字列を押さえておいてはいかがでしょうか?

>> Unstoppable Domainsはこちら

人気記事【注目度急上昇!】メタバース関連の仮想通貨銘柄とは?

人気記事【暗号資産取引所】Binance(バイナンス)の口座開設方法とは?