【不安な時こそ全米マーケットETF】iSharesのITOTとは?

ETFs INVESTMENT

ITOTについて知りたい人「全米マーケットに投資するETFといえばVTIだけど、ITOTというETFもあるらしい。VTIとの違いは何?どこの証券会社で買えるの?」

こんにちは、旅リーマンのZuminです。

そんなITOTについて疑問を持つ方向けの記事です。

全米マーケットに投資できるETFといえば、バンガード社のVTIを思い浮かべる人が多いはず。

実は、ITOTもVTIと同じようなパフォーマンスを期待できるETFで、かつ1株あたりの株価を下げつつ投資ができるのです。

ということで、今回は投資の選択肢を増やすためのオプションとして、ITOTというETFについてVTIと比較をしながら紹介していきます。

もくじ

  • 全米マーケットETF、ITOTとは?
  • ITOTとVTIを比較してみよう!
  • ITOTの購入方法とは?

全米マーケットETF、ITOTとは?

全米マーケットETF、ITOTとは?

ITOTは全米マーケットを対象に投資するインデックスETFで、正式名称は iShares Core S&P Total U.S. Stock Market ETF となります。

純資産総額$42.41 Billion(約4.8兆円)
取引所NYSE Arca
設定日2004年1月20日
インデックスS&P Total Market Index
経費率0.03%
配当利回り1.20%
保有銘柄数3,699
出典:ishares.com 2021/10/12 時点

ITOTは、ブラック・ロック社のiSharesブランドから発行されており、経費率はVTIと同じ0.03%という低コストなので、安心して長期投資ができるETFとなっています。

ITOTの運用規模は4兆円ほどで、VTIほどの規模(約150兆円)ではありませんが、運用会社の信用性と歴史を考えれば、そこまで大きなリスクにはならないかと思います。

4,000社近くで構成されるVTIのCRSP U.S. Total Market Indexに対し、ITOTはS&P Total Market Indexと指数が違うことから200〜300社ほど構成銘柄が少ないという特徴があります。

ITOTのトップ10構成銘柄は?

それでは、ITOTのトップ10構成銘柄をチェックしていきましょう。

比率会社名シンボル保有株数市場価格
4.90%Apple Inc.AAPL14,631,627$2,070,521,536.77
4.85%Microsoft Corp.MSFT6,998,666$2,049,769,298.08
3.12%Amazon.com Inc.AMZN405,986$1,318,370,517.38
1.81%Alphabet Inc. Class AGOOGL280,202$764,665,653.96
1.70%Facebook Inc. Class AFB2,221,631$719,297,468.87
1.70%Alphabet Inc. Class CGOOG262,658$718,175,263.08
1.44%Tesla Inc.TSLA756,055$609,168,634.60
1.14%NVIDIA Corp.NVDA2,321,192$479,813,598.32
1.13%Berkshire Hathaway Inc. Class BBRK.B1,720,126$479,261,506.12
1.09%JPMorgan Chase & Co.JPM2,796,324$462,400,136.64
出典:ishares.com 20212/10/12 時点

全米マーケットに投資しているため、誰もが知っているような大企業ばかりですね。

ITOTとVTIを比較してみよう!

ITOTとVTIを比較してみよう!

よくVTIと比較されるITOTですが、実際に中身を比較してみましょう。

  • リアルタイムチャート
  • パフォーマンス
  • 構成銘柄の重複率

リアルタイムチャート

どちらも同じようなチャートを形成していますね。

ただ、1株あたりの株価はITOTがVTIの半分以下で、同じ資金でも保有できる株数が倍近く変わってくるので、ITOTの方が少額積立投資に向きそうですね。

さらに分かりやすく比較するために、2004年からITOT(青)、VTI(水色)で比較してみましょう。

ITOT vs VTI比較チャート
出典:Yahoo! Finance 2021/10/15 時点

水色のVTIのリターンが12%ほど上回っていますが、チャートの動きとしては似たような動きをしていることが分かりますね。

パフォーマンス

年単位で比較してみると、VTIが多少の差で上回っていることが多いですが、ほとんど同じリターンを出してきていますね。

それでも、むしろ設定来ならITOTの方が高かったりします。

トータルリターン1年3年5年10年設定来
ITOT32.08%15.94%16.80%16.55%10.04%
VTI32.04%16.04%16.88%16.61%8.69%
出典:ishares.com vanguard.com 2021/9/30 時点

1日の平均取引ボリュームも比較しておきましょう。

総運用資産1日の平均取引量(株数ベース)ドルベース
ITOT$42.41 Billion(約4.8兆円)1,680,937$142.77M(約163億円)
VTI$1.3 Trillion(約148兆円)3,427,340$770.77M(約880億円)

VTIと比較して、ITOTの運用資産は1/30程度になりますが、取引ボリュームではVTIの半分以下となります。

とはいえ、ITOTもサイズは大きいETFですし、長期保有が前提なので、流動性に関してはそこまで大きな問題にはならなそうですね。

構成銘柄の重複率

最後にITOTとVTIの構成銘柄の重複率を見ていきます。

ITOTの方が200〜300銘柄ほど組み入れが少ないのですが、97%がVTIと重複しています。

ITOT vs VTI 銘柄重複率
出典:etfrc.com

セクターごとの比率をチェックしてみると、バランスの違いは誤差の範囲という感じですね。

ITOT vs VTIセクター比率比較
出典:etf.com

トップ10銘柄の比率のバランスもほとんど変わりませんね。

ITOT vs VTI構成銘柄比率比較
出典:etf.com

ということで、ITOTとVTIはほとんど重複しているETFということがお分かりいただけたかと思います。

あえて違いを挙げるのであれば、以下の3点に集約されます。

  • ITOTの方が組入銘柄が少ない
  • ITOTの方がVTIに約3年遅れて設定
  • 運用資産、取引ボリューム、1株あたりの株価

ITOTの購入方法とは?

ITOTの購入方法とは?

ITOTの購入方法ですが、日本の3大メジャー証券で検索しましたが、取り扱いがありませんでした。

証券会社Firstrade証券楽天証券SBI証券マネックス証券IG証券
ITOT×××

日本語で利用できる証券会社であれば、外資系のIG証券に取り扱いがありました。

CFD口座となりますが、なかなか日本のメジャー証券では買えない株やETFの取り扱いも豊富なので、ITOTを購入したいという方は口座開設を検討してみてください。

>> IG証券はこちら

また、海外口座を持っておきたい or 海外への移住を考えているという方には、日本人でも口座開設可能なネット証券Firstradeをおすすめします。

Firstradeであれば、ITOTはもちろん、米国に上場する株式のほぼすべてを手数料無料で投資できるため、投資の幅が広がりますよ。

このブログでも、口座開設から機能・入金方法まで詳しく解説しているので、参考にしてみてくださいね!

>> Firstradeで口座を開設する

さいごに

ITOTはVTIとほぼ同じ銘柄に投資をしているため、ほとんど遜色ないパフォーマンスが出ているということが分かりました。

かつ、1株あたりの株価はVTIの2分の1以下になっているので、取得単価を下げつつ、株数を増やしながら全米マーケットに投資していきたいという方には良いオプションになると思います。

インデックスETFでの投資は長期戦になるので、まだまだ資産は少ないけどコストを下げつつ、地道に老後資金を積み立てをしたいという方はITOTを検討してみてはいかがでしょうか?

人気記事【米国市場にまるっと投資!】米国ETFのVTIとは?

人気記事【リターンはそのままに!】ETFポートフォリオのコスト削減計画!