【リターンはそのままに!】ETFポートフォリオのコスト削減計画!

INVESTMENT STOCKS

ETFのコストを下げたい人「ETFの株価が上がり続けていて、投資しづらくなってきたなぁ。かといって、投資を止めるわけにもいかないしなぁ。全体のコストを下げつつ、同じようなリターンを得られるETFはないのだろうか?」

こんにちは、旅リーマンのZuminです。

今回は、そんな悩みを持つ方向けの記事です。

この記事を書いている僕は、インデックスETFをコアに米国株投資をしています。

相場が荒れ始め、若干キャッシュを多めにしている状況ですが、これを機にポートフォリオの全体コストを見直そうと考え始めています。

というわけで、今回はリターンを維持しながらも、1株あたりの株価と経費率を極限までに下げるアイデアをシェアしていきます。

もくじ

  • 人気のETF、だけど….
  • コストをさらに下げるETF代替案
  • 各代替ETFの買い方とは?

人気のETF、だけど….

人気のETF、だけど....

世界的な運用額を見ても、各カテゴリーにおいて以下のETFが人気です。

  • S&P500:VOO
  • NASDAQ100:QQQ
  • 全米マーケット:VTI
  • 高配当ETF:VYM
  • 優先株ETF:PFF
  • 金ETF:GLD

日本人の間でも各証券会社の人気ランキング上位に入ってくるほど、これらのETFに投資している人は多く、僕も実際に全銘柄投資しています。

ETFの経費率は年々下がる傾向にあり、3大ブランドのブラックロック、バンガード、ステート・ストリートの間で熾烈な値下げ合戦が続いています。

我々のような、個人投資家にとっては非常にありがたい話ですね。

ただ、少額で積み立てている投資家にとって、株価は順調に上がり続けるがあまり、同じ投資額でも買える株数が減っており悲喜こもごも。

もし、これらのETFと同じリターンをキープしつつも、1株当たりの株価や経費率のコストを極限まで下げることができたらいいなと思ったことはありませんか?

特に似たようなインデックスを利用しているETF同士であれば、大きくリターンは変わらないはず。

というわけで、早速ETFポートフォリオのコストを下げる代替ETF案を紹介していきます。

コストをさらに下げるETF代替案

コストをさらに下げるETF代替案

コストを下げるETF代替案は以下の通りです。

ここでのコストとは、経費率と1株当たりの株価という部分に着目して出しています。

  • S&P500: SPLG
  • NASDAQ100:QQQM
  • 全米マーケット:SCHB/ITOT
  • 高配当ETF:SCHD
  • 優先株ETF:PFFD
  • 金ETF:GLDM

それでは、どんなETFなのかサクッと比較していきましょう。

S&P500:SPLG

SPLGは、ステート・ストリート社のS&P500に連動を目指し運用されているETF。

世界最大の運用額を誇るSPYの廉価版的な立ち位置で、2019年までは別のインデックスに連動するETFでしたが、現在はS&P500に切り替えがされています。

SPLGのベンチマーク変更から歴史が浅いので、3年以降のリターンは単純比較できませんが、この1年ではVOOと全く同じパフォーマンス。

ティッカー運用会社ベンチマーク経費率1年リターン3年5年
SPLGステート・ストリートS&P 500 Index0.03%40.97%18.69%17.73%
VOOバンガードS&P 500 Index0.03%40.97%18.56%17.60%
出典:Yahoo! Finance 2021/9/22 時点

経費率もVOOと同じ0.03%ではありますが、株価は1/8程度。

SPLGであれば、単純にVOO1株を買う資金で8株買える計算なので、大幅にコストを見直すことができます。

S&P500連動のETF比較や、SPLGについての詳しい解説は、以下の別記事もチェックしてみてください。

NASDAQ100:QQQM

QQQMは、インベスコ社が発行するNASDAQ100連動型ETFです。

長期でQQQを持ち続けたい投資家向けに、経費率を0.05%下げた「ミニバージョン」として2020年10月に設定されたばかり。

QQQMは設定から日が浅いので、年単位での比較はできませんが、ほとんど変わらないパフォーマンスを出しています。

ティッカー運用会社ベンチマーク経費率1ヶ月3ヶ月年初来
QQQMインベスコNASDAQ-100 Index0.15%-0.44%6.32%16.86%
QQQインベスコNASDAQ-100 Index0.20%-0.32%6.45%17.12%
出典:etf.com 2021/9/22 時点

長期で見た時のパフォーマンスにどれだけ差が生まれるかは注視が必要ですが、経費率が低い分トータルではコスト削減が可能です。

さらに、1株当たりの株価もQQQの2分の1以下になっているので、手が出しやすいというのが魅力です。

QQQMについては、こちらの記事でも詳しく解説しています。

全米マーケット:SCHB/ITOT

SCHBはチャールズ・シュワブ、ITOTはブラック・ロックによって発行される全米マーケット型ETFです。

VTIは全米マーケット上場の3,820社、ITOTは3,570社にまるっと投資するのに対し、SCHBは2,570社と少し対象銘柄を絞ったETFになります。

SCHBは「Broad Stock Market」なので、厳密にいうとニュアンスは異なりますが、ほとんど同じ銘柄に広く投資をしているため、よくVTIの比較対象となります。

実際に銘柄の重複率を比較しても、ほとんど同じということが分かりますね。

VTI、ITOT、SCHB重複率
出典:etfrc.com

経費率に関しては0.03%の横並びで、VTIが若干パフォーマンスがいいですが、どれも似たような成績になっています。

ティッカー運用会社ベンチマーク経費率1年リターン3年5年
SCHBチャールズ・シュワブDow Jones US Broad Stock Market0.03%36.60%16.20%17.17%
ITOTブラック・ロックS&P Total Market Index0.03%36.61%16.14%17.14%
VTIバンガードCRSP U.S. Total Market0.03%36.68%16.26%17.21%
出典:etf.com 2021/9/22 時点

こうなると違いが出るのは、1株当たりの株価ですが、ITOTはまだVTIの2分の1ほどの価格で購入することができます。

同じく、SCHBも1株当たりVTIの約半分の価格で購入ができるので、少ない資金でより多くの株数を買っていきたい人にはおすすめです。

高配当ETF:SCHD

SCHDは、先ほど紹介したチャールズ・シュワブが提供する高配当ETFです。

両者とも高配当でありながらも、キャピタルゲインも狙えるということで、よく比較されるETFです。

とはいえ、ベンチマークも違えば、VYMは400銘柄以上に分散しているのに対し、SCHDは100社に絞っているので実際の中身はかなりの違いがあります。

ただ、SCHDの方がパフォーマンス、配当利回りともにやや高いですね。

ティッカー運用会社ベンチマーク経費率配当利回り1年リターン3年5年
SCHDチャールズ・シュワブDow Jones U.S. Dividend 100 Index0.06%2.89%39.23%14.85%15.49%
VYMバンガードFTSE High Dividend Yield Index0.06%2.79%31.54%8.39%10.73%
出典:etf.com 2021/9/22 時点

経費率はともに0.06%ですが、SCHDの方が1株当たりの価格が安いので、100ドルの壁を超えてしまったVYMよりも手が出しやすいかなと思います。

SCHDに関しては、こちらの記事で詳しく解説しているので、ぜひご覧ください。

優先株ETF:PFFD

PFFDは、グローバルX社が提供する優先株ETFです。

優先株は「株式」と「社債」の両方の性質を持っており、値上がりは期待できないものの、安定して高い配当がもらえることからインカム狙いの投資家に人気です。

グローバルX社がWebサイトで明確に「競合の半分の経費率」と宣伝しているように、PFFのちょうど半分の0.23%での運用を実現しており、配当利回りも高い水準を維持しています。

ティッカー運用会社ベンチマーク経費率配当利回り1年リターン3年
PFFDグローバルXICE BofAML Diversified Core U.S. Preferred Securities Index0.23%5.03%10.63%7.87%
PFFブラック・ロックICE Exchange-Listed Preferred & Hybrid Securities Index0.46%4.47%13.16%7.26%
出典:etf.com 2021/9/22 時点

1株当たりの株価もPFFより低い価格に落ち着いているので、コストを削減しつつ、高い配当を得ることができます。

PFFDに関しては、以前優先株ETFの比較記事を書いているので、そちらをご覧ください。

金ETF:GLDM

最後は金に投資をするETF、GLDMです。

「有事の金」と言われ、インフレや経済危機が発生した際のヘッジ手段として分散投資している人も多いはず。

どちらもステート・ストリート社が提供しており、GLDは6兆円規模で流動性が高いことから機関投資家が多め。

一方のGLDMは個人投資家向けに低ロット・低コストでの運用を実現しています。

そのため、GLDMの方が経費率が圧倒的に安く、リターンも3年でわずかにGLDを上回っています。

ティッカー運用会社ベンチマーク経費率1年リターン3年
GLDMステート・ストリートGold Spot0.18%-7.35%13.81%
GLDステート・ストリートGold Spot0.40%-7.51%13.54%
出典:etf.com 2021/9/22 時点

さらに、株価においても1株当たりGLDの10分の1程度で購入できるため、長期での資産分散のコストを下げるには最適な選択の1つになりますね。

各代替ETFの買い方とは?

代替ETFの買い方とは?

今回紹介したETFの取り扱いは以下の通りです。

Firstrade証券楽天証券SBI証券マネックス証券
SPLG
QQQM×××
SCHB×××
SCHD×××
PFFD
GLDM

日本の証券会社だと、SPLG、PFFD、GLDMはどこでも取り扱いがあります。

その他のETFを購入したいという方は、海外証券口座の開設を検討した方が良さそうです。

その中でも、日本人に人気なFirstradeは購入手数料が無料、アプリも使いやすく、使い勝手が良いので僕も愛用している口座の1つです。

Firstradeであれば、アメリカに上場する株・ETFは全て取り扱いがありますし、日本語での情報も多めなので口座を持っておいて損はないです。

このブログでも、口座開設から機能、入金方法まで詳しく解説しているので、参考にしてみてくださいね!

さいごに

今回紹介した代替ETFは、設定からの歴史が浅いものが多く、取引ボリュームがどれも本家に比べて低いため、流動性という観点では妥協する必要があります。

その一方で、長期投資で売り買いを頻繁にしないのであれば、同じ資金でもより多くの株数を買うことができ、経費率を下げることもできるというメリットがあります。

ほぼ同じリターンを享受できるのなら、視野を広げて投資を検討してみるのもありですよね?

この記事がみなさんの参考になれば幸いです。

人気記事【結局どれがいいの?】S&P 500に連動するETFを徹底比較!

人気記事【PFFより高配当?】優先株ETF4銘柄を比較してみた!