【話題のNFTにETFで投資!】Defiance社のNFTZとは?

CRYPTOS ETFs INVESTMENT

NFTに投資したい人「NFTに興味があるけど、仮想通貨はやっぱりリスクが多すぎて投資しづらいなぁ。株やETFのNFT関連銘柄でもう少しリスクを抑えて投資ができたらいいのになぁ…」

こんにちは、旅リーマンのZuminです。

そんな悩みを持つ方向けの記事です。

NFTが空前のブームを巻き起こしていますね。

通常、NFTといえば仮想通貨で投資するものですが、株やETFとは別世界なイメージをお持ちの人も多いかと思います。

ただ、最近では現実世界のビジネスとしても注目を集めており、NFTへ参戦する企業も増えはじめています。

今回は、そんなNFTに株式という観点で波乗りができそうな世界初のETF「NFTZ」が誕生したので、どんなETFなのか詳しく解説していきます。

もくじ

  • NFTZとは?
  • NFTZの構成銘柄
  • NFTZの購入方法とは?

NFTZとは?

NFTZとは?

NFTZは、世界初のNFTとブロックチェーン関連企業に特化したテーマ型ETFで、正式名称 Defiance Digital Revolution ETF となります。

2021年12月に新設されたばかりのETFのため、運用額はまだまだ小さいのが現状です。

純資産総額$0.43M(約4,800万円)
取引所NYSE
設定日2021年12月1日
ベンチマークBITA NFT and Blockchain Select Index
経費率0.65%
発行済株式数20,000
構成銘柄数34
出典:defianceetfs.com 2021/12/6 時点

経費率は、最近のテーマ型ETFではスタンダードの0.65%で、ドイツのフィンテック企業が運用するBITA NFT and Blockchain Select Indexという指標と同等のパフォーマンスを目指して運用されています。

このインデックスは、世界中で暗号資産の運用、決済、マイニング、ブロックチェーンやそれに関わるハードウェアを提供し、利益を上げている上場企業が対象。

また、NFTの発行・作成、および社内外のNFT関連プロジェクトへの投資、資金調達に関与する企業を含んでいます。

このETFを発行するDefiance(ディファイアンス)社は、NFTZに投資するべき理由として以下の4つを上げています。

  • ① バーチャル世界の所有権は無限に拡大
  • ② 先行者利益を得ることができる
  • ③ NFT関連の企業に株式投資できる
  • ④ NFTはビジネスのあり方を変える

NFTはすでにアート、音楽、スポーツ界に革命を起こしており、さらにNFTのデジタル所有権、分散型というキーワードはメタバースの発展に欠かせません。

今後、NFTやブロックチェーン技術が我々の働き方を変え、クリエイターと市場参加者に大きな恩恵をもたらすと考えています。

実際にNFT市場は、2021年第三四半期だけで約6.8億円の資金を動かす一大ムーブメントになりつつあります。

Defiance(ディファイアンス)社はこういった理由から、どこよりも早くNFTに特化したETFを発行することで、投資家への先行者利益を提供するとしています。

Defianceってどんな運用会社?

Defianceってどんな運用会社?
出典:NYSE YouTube

ところで、このNFTZを運用するDefiance社はどういった会社なのでしょうか?

本社アメリカ・ニューヨーク州
創業2018年
CEOマシュー・ビエルスキー
従業員数14名
総運用資産$1.65 Billion(約1,870億円)
2021/12/6 時点

Defiance社は、2018年創業の運用会社で、破壊的イノベーションを牽引するサブセクターに投資をするETFを中心に発行・運用。

CEOのビエルスキー氏は、レバレッジETFでおなじみのDirexionやProShares、BlackRockなどでETFのポートフォリオアナリストとして活躍した強者。

NFTZ以外にも、独自のルールベースで運用する珍しいテーマ型ETFを7つ上場させています。

ティッカーETF名
FIVGThe First 5G ETF
QTUMThe Next Generation of Computing ETF
SPAKThe First SPAC ETF
HDRONext Gen Hydrogen ETF
PSYPsychedelics ETF
CRUZTravel ETF: The Travel Reopening Trade
BIGYThe Big Data ETF

NFTZの構成銘柄

NFTZの構成銘柄

では、NFTZがどんな銘柄を組み入れているのか、トップ10構成銘柄をチェックしていきましょう。

比率会社名ティッカー保有株数
6.23%Silvergate Cap CorpSI164
5.96%Plby Group IncPLBY726
5.62%Cloudflare IncNET152
5.12%Northern Data AgNB2 GR202
4.86%SBI Holdings Inc8473 JP800
4.48%Bitfarms Ltd/canadaBITF CN3,088
4.40%Marathon Digital Holdings IncMARA456
4.30%Coinbase Global IncCOIN70
4.01%Hut 8 Mng CorpHUT CN1,858
4.00%Ebay Inc.EBAY258
出典:defianceetfs.com 2021/12/3 時点

NFTZの銘柄は四半期に一度のペースでリバランスが行われます。

銘柄を見てもピンとこないので、これらの企業がどうNFTと関わりがあるのかサクッとまとめてみます。

企業名NFTとの関連
Silvergate Capital暗号資産に特化した銀行を設立
Plby GroupThe Playboy RabbitarsというキャラクターNFTをOpenSeaで販売
CloudflareCloudflare Streamという所有権をNFTに結びつける動画配信サービスの提供
Northern Dataビットコインのマイニング業者
Sbi HoldingsNFT事業を行うスマートアプリを買収、SBINFTに社名変更
Bitfarmsビットコインのマイニング業者
Marathon Digitalビットコインのマイニング業者
CoinbaseCoinbase NFTマーケットプレイスを公開
Hut 8 Miningビットコインとイーサリアムのマイニング業者
EbayNFTアートの販売をマーケットプレイスで開始
2021/12/6 時点

現状は、まだNFTに完全特化というよりも仮想通貨のマイニングやブロックチェーン関連のETFというイメージですね。

実際にサブセクターごとの比率を見てみると、NFT関連が30%超えですが、残り7割近くはマイニング、暗号資産取引・運用、決済系が占めているという状況です。

NFTZ副セクター
出典:NFTZ Fact Sheet 2021/12/1 時点

本来NFTは「非中央集権」という部分がポイントなので、上場企業の中から選別していくのは現状難しいのかなと感じます。

ただ、これから大手企業がNFTに参入していくことが発表されているので、長期目線でどんな銘柄が入ってくるのか期待したいですね。

NFTZのパフォーマンス

気になるNFTZのパフォーマンスですが、新設ETFでデータが溜まっていないため、参考までに株価チャートのみ表示しておきます。

長期でのリターンはデータが集まり次第、アップデートしていきます。

NFTZの購入方法とは?

NFTZの購入方法とは?

NFTZのETFの購入方法ですが、日本の大手3証券(SBI・楽天・マネックス)で銘柄検索をしましたが、いずれもヒットしませんでした。

証券会社Firstrade証券楽天証券SBI証券マネックス証券IG証券
NFTZ×××

日本語で利用できる証券会社であれば、外資系のIG証券に取り扱いがありました。

CFD口座となりますが、なかなか日本のメジャー証券では買えない株やETFの取り扱いも豊富なので、NFTZを購入したいという方は口座開設を検討してみてください。

>> IG証券はこちら

また、海外証券口座でも問題ないという方は、日本人でも口座開設可能なネット証券Firstradeをおすすめします。

Firstradeなら、アメリカに上場する株・ETFは全て取り扱いがありますし、なんと言っても取引手数料を無料に抑えられるという利点があります。

NFTZはもちろん、上場して間もないIPO株・ETFなどどうしても手に入れたいという方は持っておいて損はない証券口座です。

Firstradeのおすすめポイント

  • 取引手数料無料
  • 口座維持手数料なし
  • アメリカ上場の株・ETFに制限なくアクセス可能

Firstradeであれば、NFTZはもちろん、米国に上場する株式のほぼすべてを手数料無料で投資できるため、投資の幅が広がりますよ。

詳しい口座の開設方法は、このブログでも画像付きで解説しているので参考にしてみてください。

>> Firstradeで口座を開設する

また、Firstradeの利用に必須の米国の銀行口座ユニオンバンクの口座開設方法も併せて参考にしてみてください。

さいごに

ということで、今回は世界中で注目のNFTに関連した銘柄に投資ができる初のETF「NFTZ」について解説してきました。

正直、NFTは非中央集権という部分が1つのポイントなので、上場企業の中から選別していくのはかなり難しいとは思います。

ただ、仮想通貨を使いこなしてNFTを買っていくことは多くの人にとっては至難の技で、未知のリスクも存在しています。

そういった意味では、ETFを通じてNFT関連に投資ができるという面では貴重な存在といえるかと思います。

まだまだ、始まったばかりのNFT革命の波を乗りこなしたい方は、NFTZを検討してみてはいかがでしょうか?

人気記事【テーマ型ETF】メタバースETF、METAで次のトレンドへ投資!

人気記事【注目度急上昇!】メタバース関連の仮想通貨銘柄とは?