【宇宙ETF5選】UFO、ARKX、ROKT、ITA、XARを徹底比較!

INVESTMENT STOCKS/ETFs

宇宙ETFに投資したい人「宇宙関連銘柄に投資したいけど、同じテーマのETFがいくつもあってどれに投資するか迷うなぁ…まずは、それぞれのETFの違いや特徴を比較したいな。」

こんにちは、旅リーマンのZuminです。

宇宙産業はすでに43兆円の市場規模があり、20年後には3倍の120兆円を突破すると言われる急成長分野です。

そんな伸びしろだらけの業界にまるっとETFで投資をして、長期での成長の恩恵を受けたいと考える人は多いはず。

ということで、この記事ではそんな宇宙ビジネス投資に興味がある方向けに、米国上場の宇宙ETF5つを紹介していきます。

CFDなら世界12,000銘柄の取り扱い

もくじ

  • 宇宙ETF5選!
  • 各宇宙ETFの構成銘柄とは?
  • 各宇宙ETFの投資方法とは?

宇宙ETF5選!

宇宙ETF5選!

まずは、米国に上場する宇宙ETFの5選の比較をしてみましょう。

ティッカー運用会社純資産総額経費率設定来設定日構成銘柄数1日平均取引ボリューム
UFOProcure AM約82億円0.75%-14.64%2019/4/114613,229
ARKXARK Invest約376億円0.75%-22.17%2021/3/3035-5570,232
ROKTState Street約24億円0.45%7.06%2018/10/2234927
ITABlack Rock約5,532億円0.39%10.96%2006/5/135467,875
XARState Street約1,757億円0.35%15.37%2011/9/183385,780
2022/12/6 時点

純資産総額・取引ボリュームでは、ITAが圧倒的なNo.1。

経費率の面ではXARが0.35%と一番低く、さらに設定来でのリターンも15%とズバ抜けたパフォーマンスを残しています。

それでは、各ETFの詳細についてもう少し深掘りしていきましょう。

UFO

UFOはProcure社によって設定された宇宙ETF。

正式名称は Procure Space ETF で、ベンチマークとなる S-Network Space Index と同等のパフォーマンスを目指して運用されています。

2019年設定と歴史が浅く、まだまだ未知数なETFといえるでしょう。

UFO1ヶ月3ヶ月6ヶ月1年設定来
パフォーマンス-0.74%-2.78%-9.75%-23.07%-14.64%
出典:procureetfs.com 2022/11/30 時点

UFOについてより詳しく知りたい方は、以下の別記事にてどうぞ。

ARKX

ARKXはARK社によって設定された宇宙ETFで、正式名称は ARK Space Exploration & Innovation ETF

2021年設定のため、宇宙ETFの中で最も歴史が浅く、唯一のアクティブ運用型のETFという特徴があります。

ARK社という一世風靡したブランドということもあり、取引ボリュームや純資産額はそこそこ集まっていますが、設定来-32%と厳しいスタートとなっています。

ARKX1ヶ月3ヶ月1年設定来
パフォーマンス8.51%-10.06%-28.83%-32.85%
出典:ark-funds.com 2022/10/31 時点

ARKXに関する詳しい情報は、以下の別記事にてご確認ください。

ROKT

ROKTは、State Street社のSPDRブランドで設定されたETF。

正式名称は、SPDR S&P Kensho Final Frontiers ETFで、ベンチマークの S&P Kensho Final Frontiers Index と同等のパフォーマンスを目指し運用されています。

最後のフロンティアという名の通り、宇宙のみならず、深海など人類未開の地でのイノベーションを牽引する会社に投資をすることができます。

純資産・出来高ともに薄い銘柄ですが、パフォーマンスは長期でプラスとなっています。

ROKT1ヶ月1年3年設定来
パフォーマンス14.95%-4.87%4.31%7.06%
出典:ssga.com 2022/10/31 時点

ITA

ITAは、Black Rock社のiSharesブランドで運用される宇宙&防衛ETF。

正式名称は、iShares U.S. Aerospace & Defense ETF で、ベンチマークの Dow Jones U.S. Select Aerospace & Defense Index と同等のパフォーマンスを目指し運用されています。

米国上場の民間航空機、軍用機、防衛機器の製造会社が中心で構成されており、軍需産業ETFとしての柵面が強いです。

この中で最も歴史あるETFですが、長期にわたって安定したパフォーマンスを見せており、アメリカの軍需産業の強さを感じます。

ITA1年3年5年10年設定来
パフォーマンス3.65%0.35%4.70%13.95%10.39%
出典:ishares.com 2022/10/31 時点

XAR

XARは、ROKT同様にState Street社のSPDRブランドで運用される宇宙&防衛ETF。

正式名称は、SPDR S&P Aerospace & Defense ETF でベンチマークの S&P Aerospace & Defense Select Industry Index と同等のパフォーマンスを目指し運用されています。

こちらも宇宙のみならず、軍需産業という側面が強いETFとなっています。

設定来のトータルリターンでは、XARが一番高く15%という結果になっています。

XAR1ヶ月1年3年5年10年設定来
パフォーマンス15.85%-10.56%0.91%6.32%14.57%15.37%
出典:ssga.com 2022/10/31 時点

各宇宙ETFの構成銘柄とは?

各宇宙ETFの構成銘柄とは?

それでは、各宇宙ETFのトップ10構成銘柄をチェックしていきましょう。

UFO

比率会社名シンボル保有株数時価総額
5.67%IRIDIUM COMMUNICATIONS INCIRDM64,703$3,411,789.19
5.46%MAXAR TECHNOLOGIES INCMAXR127,757$3,285,910.04
5.31%GLOBALSTAR INCGSAT1,709,002$3,195,833.74
5.05%SES SASESG FP438,595$3,037,306.78
4.97%GARMIN LTDGRMN31,741$2,993,811.12
4.78%SIRIUS XM HOLDINGS INCSIRI461,073$2,877,095.52
4.72%TRIMBLE INCTRMB46,492$2,837,871.68
4.63%VIASAT INCVSAT78,669$2,787,242.67
4.34%EUTELSAT COMMUNICAETL FP319,583$2,609,107.22
4.18%PLANET LABS PBCPL434,518$2,515,859.22
出典:procureetfs.com 2022/12/5 時点

UFOでは、衛星通信事業を行うIridium Communications社が比率1位。

その他の銘柄も、衛星を活用したビジネスを行う会社が中心に構成されています。

ARKX

比率会社名ティッカー保有株数市場価格
10.21%TRIMBLE INCTRMB463,266$28,277,756.64
7.40%IRIDIUM COMMUNICATIONS INCIRDM388,497$20,485,446.81
7.32%AEROVIRONMENT INCAVAV218,791$20,277,549.88
6.24%KRATOS DEFENSE & SECURITYKTOS1,743,861$17,264,223.90
6.13%L3HARRIS TECHNOLOGIES INCLHX73,786$16,970,780.00
5.77%THE 3D PRINTING ETFPRNT731,691$15,972,814.53
4.63%KOMATSU LTD6301 JP559,988$12,819,379.12
3.91%DEERE & CODE24,308$10,831,887.88
3.32%BLADE AIR MOBILITY INCBLDE1,836,692$9,183,460.00
3.12%DASSAULT SYSTEMES SEDSY FP223,106$8,629,538.44
出典:ark-funds.com 2022/12/5 時点

衛星測位システムを活用し、農作物の管理をするソフトウェアを提供するTrimbleが比率1位。

アクティブ投資ETFのため銘柄は日々入れ替わりますが、日本のコマツ社やARKの自社ETFである3DプリントETFなどが組み入れられており、異彩を放っていますね。

ROKT

比率会社名ティッカー保有株数時価総額
4.87%IRIDIUM COMMUNICATIONS INCIRDM16,760$848,558.80
4.46%BOEING COMPANYBA4,424$818,882.40
4.40%AEROJET ROCKETDYNE HOLDINGS INCAJRD14,653$788,917.52
3.93%NORTHROP GRUMMAN CORPNOC1,308$708,190.44
3.83%HONEYWELL INTERNATIONAL INCHON3,174$684,314.40
3.82%HEICO CORPORATIONHEI4,209$683,373.24
3.81%LOCKHEED MARTIN CORPLMT1,393$683,503.31
3.62%HEXEL CORPORATIONHXL10,558$646,397.4
3.61%TELEDYNE TECHNOLOGIES INCTDY1,536$650,542.08
3.61%TECHNIPFMC PLCFTI50,848$611,701.44
出典:ssga.com 2022/12/2 時点

ROKTでも衛星通信事業を行うIridium Communications社が比率1位。

LMT、BAなど航空・防衛関連銘柄が多めなETFという印象です。

ITA

比率会社名ティッカー保有株数時価総額
21.10%RAYTHEON TECHNOLOGIES CORPRTX9,461,104$955,666,115.04
16.57%LOCKHEED MARTIN CORPLMT1,512,104$750,351,367.92
8.96%BOEINGBA2,218,125$405,628,518.75
4.48%GENERAL DYNAMICS CORPGD794,137$203,092,596.38
4.47%NORTHROP GRUMMAN CORPNOC370,781$202,298,113.60
4.41%TEXTRON INCTXT2,798,168$199,509,378.40
4.22%HOWMET AEROSPACE INCLHWM4,890,540$191,122,303.20
4.04%TRANSDIGM GROUP INCTDG294,118$182,888,454.76
3.94%L3HARRIS TECHNOLOGIES INCLHX775,721$178,415,830
3.72%AXON ENTERPRISE INCAXON893,221$168,666,921.43
出典:ishares.com 2022/12/2 時点

防衛・航空宇宙事業を行うRaytheonが組入比率20%超えで圧倒的1位。

宇宙だけでなく防衛もITAのテーマになっているため、かなり軍需産業的な銘柄が多くなっている印象ですね。

XAR

比率会社名ティッカー保有株数時価総額
5.47%AXON ENTERPRISE INCAXON396,999$73,051,785.99
4.31%AEROJET ROCKETDYNE HOLDINGS INCAJRD1,083,816$58,352,653.44
4.27%CURTISS WRIGHT CORPCW325,133$57,496,519.72
4.23%LOCKHEED MARTIN CORPORATIONLMT116,963$57,390,235.21
4.17%BOEING COMPANYBA312,997$57,935,744.70
4.12%RAYTHEON TECHNOLOGIES CORPRTX560,003$56,381,102.04
4.11%BWX TECHNOLOGIES INCBWXT905,973$55,608,622.74
4.06%MERCURY SYSTEMS INCMRCY1,040,587$53,579,824.63
3.99%NORTHROP GRUMMAN CORPNOC100,331$54,322,213.33
3.97%GENERAL DYNAMICS CORPGD212,869$53,410,960.79
出典:ssga.com 2022/12/2 時点

XARでは、テイザー銃など防衛・セキュリティ関連機器を開発するAXONが比率1位。

LMT、BA、NOCなど他の宇宙ETFとも被る銘柄が多いですね。

各宇宙ETFの銘柄の重複率はどうなの?

ぱっと見、かなり銘柄が重複しているような5つの宇宙ETFですが、実際にそれぞれの銘柄の重複率はどうなっているのでしょうか?

宇宙ETF重複率
出典:etfrc.com

重複率UFOARKXROKTITA
ARKX20%(8銘柄)
ROKT24%(12銘柄)12%(6銘柄)
ITA13%(9銘柄)9%(6銘柄)37%(16銘柄)
XAR22%(9銘柄)14%(6銘柄)48%(16銘柄)56%(31銘柄)

実際に数値化してみると、ROKT、ITA、XARの3つは宇宙と防衛産業をテーマにしていることから、かなり銘柄が重複していることがわかりますね。

一方で、ARKXは唯一のアクティブETFということもあり、他とはかなり違うポートフォリオで運用されていることがよくわかります。

各宇宙ETFの投資方法とは?

各宇宙ETFの投資方法とは?


今回紹介した宇宙ETFを購入できる証券会社ですが、国内の3大メジャー証券ではどれも取り扱いがないようです。

ということで、宇宙ETFを購入したい場合は、日本からでも開設可能な海外証券口座の開設をおすすめします。

証券会社楽天証券SBI証券マネックス証券IG証券Firstrade証券
UFO×××
ARKX×××
ROKT×××
ITA×××
XAR××××

日本語で利用できる証券会社であれば、外資系のIG証券であればUFO、ARKX、ROKT、ITAの4銘柄の取り扱いがありました。

CFD口座となりますが、なかなか日本のメジャー証券では買えない株やETFの取り扱いも豊富なので、この機会に口座開設を検討してみてください。

>> IG証券はこちら

また、宇宙ETFに現物で投資したいという方には、日本人でも口座開設可能な米国ネット証券のFirstradeをおすすめします。

Firstradeのおすすめポイント

  • 取引手数料無料
  • 口座維持手数料なし
  • アメリカ上場の株・ETFに制限なく投資可能

Firstradeであれば、今回紹介したすべての宇宙ETFはもちろん、米国に上場する株式のほぼすべてを手数料無料で投資できるため、投資の幅が広がります!

>> Firstradeで口座を開設する

Firstradeはアメリカのネット証券会社ですが、日本からの口座開設も受け付けており、アプリの使い勝手もいいので僕もメインの1つとして利用しています。

以下の別記事にて、Firstradeの利用に必須の米国の銀行の口座開設方法や、Firstradeの証券口座開設の解説していますので、参考にしてみてください。

さいごに

ということで、今回は宇宙ETF5選を紹介してきましたが、いかがでしたか?

宇宙産業は、2021年時点で43兆円規模に成長しており、2040年までに約3倍の120兆円規模までに拡大していくと推測されています。

現状は衛星や防衛産業が中心となっていますが、いずれ民間旅行が実現され、宇宙産業がより身近な存在になっていくことが予想されます。

そんなワクワクする未来に投資してみたい方は、こういった宇宙ETFを活用して成長を取り込んでみてもいいかもしれませんね!

CFDなら世界12,000銘柄の取り扱い

人気記事【宇宙に投資!】ARK社の新ETF ARKXとは?

人気記事【米国株投資】宇宙銘柄を集めたETFのUFOってどうなの?