ARK社のETFはどこで買える?【おすすめの証券会社】

INVESTMENT STOCKS

ARK社のETFを買いたい人「ARKのETFを買いたいけど、どの証券会社で取り扱いがあるんだろう?」

こんにちは、旅リーマンのZuminです。

今回は、そんな疑問を持つ方向けの記事です。

この記事を書いている僕は、2020年9月からARK社のETFを買い集めるARKホルダーであり、熱狂的なARKファンでもあります。

以前、ARK社を紹介する記事をアップしたのですが、最近「ARK社のETFはどこで買えるのか?」というご質問が多かったので、改めて記事にまとめてみようと思いました。

おまけとして、ARK社のETFを実際に保有する僕の3ヶ月間のパフォーマンスも公開していくので、興味ある方はぜひご覧ください。

もくじ

  • ARK社のETFが買える証券会社一覧
  • ARK社のETFのパフォーマンスはどうだった?
  • まとめ

ARK社のETFが買える証券会社一覧

ARK社のETFが買える証券会社一覧

結論、ARK社のETFを日本から買うには、今のところ以下の4社でアカウントを開設するしかありません。

というのも、ARK社のETF商品は日本の金融庁に登録がされておらず、海外の証券会社を利用するしかないためです。

  • Interactive Brokers証券
  • Firstrade証券
  • サクソバンク証券
  • IG証券

ただし、それぞれの証券会社にメリット・デメリットがあるので、まとめておきます。

Interactive Brokers証券

Interactive Brokers証券

Interactive Brokersは1977年にアメリカで創業された老舗証券会社で、日本にも拠点があります。

メリット・デメリットは以下の通り。

メリット

  • TransferWiseから直接ドル送金ができる
  • 特定口座の取り扱いなし
  • 日本語対応あり

デメリット

  • ARKK、ARKF、ARKWのみ取り扱い
  • 取引手数料がかかる
  • 最低入金額が25,000ドル〜

メインとなる「ARKK」と「ARKW」さえ抑えられればいいという方なら、Interactive Brokersでも問題ないです。

ただ、最近パフォーマンスの良いゲノム関連ETFの「ARKG」や自動運転&ロボ関連ETFの「ARKQ」に関しては、残念ながら取り扱いがないです。

また、インデックス運用のイスラエルETF「IZRL」と3DプリントETF「PRNT」に関しても取り扱いがないので、物足りないですね。

>> Interactive Brokers証券

Firstrade証券

Firstradeはアメリカのオンライン証券で、とにかく使いやすく、コストも圧倒的に抑えられるので、僕も愛用しています。

メリット・デメリットは以下の通り。

メリット

  • ARK社の全てのETFの取り扱いがある
  • 取引手数料無料
  • 最低入金額なし

デメリット

  • アメリカの銀行口座を持つ必要がある
  • 特定口座の取り扱いなし
  • 英語か中国語のみ対応

Firstradeでは、上記画像からも分かるようにARK社の全7種のETFを取り扱っています。

さらに、口座開設後の最低入金額もなく、取引手数料も無料なので、資金が限られている方でも安心して投資ができます。

一方で、Firstradeを利用する一番のハードルは、在米銀行口座の開設と、英語対応だと思います。

ただ、以下の方法を使えば、日本でも海外でも居住地に関わらず、圧倒的にコストを抑えてARK社のETFを売買することができるので、参考にしてみてください。

また、気になる英語対応ですが、Firstradeは日本人でも口座を開設している方が多く、ググってもかなり情報は出てくるので、全く苦にならないと思います。

旅リーマンどっとこむでも、利用方法を解説している記事があるので、興味がある方はぜひ参考にしてみて下さい。

>> Firstradeで口座開設

サクソバンク証券

サクソバンク証券

サクソバンクは、デンマーク発のCFDやFXを中心に力を入れている証券会社です。

メリット

  • 日本語対応あり
  • 約2,700銘柄のETFを取り扱い
  • DRIP(配当金再投資)に対応

デメリット

  • 円での決済
  • 特定口座の取り扱いなし
  • 最低取引手数料5ドル〜

ARK社のETFを検索すると全7銘柄が出てきたので、取り扱いの面では問題なさそうですね。

ただ、1つ欠点としては、ドルではなく全て円決済になるため、常に為替コストが発生し、気軽に売買はできないという点が気になります。

>> サクソバンク証券

IG証券

IG証券

IG証券は、ロンドン証券取引所に上場する証券会社でFXを中心にサービス展開しています。

メリット

  • 日本語対応あり
  • 取り扱い銘柄12,000以上

デメリット

  • IZRL、ARKWの取り扱いなし?
  • CFD口座のため特定口座の取り扱いなし
  • 最低手数料USD16.50〜

IG証券のサイトで銘柄検索をすると、「ARKW?」らしき銘柄がバグっているので、取り扱いがあるのか微妙なところでした。

イスラエルのインデックスETFの「IZRL」も検索に引っ掛からないので、取り扱いがなさそうです。

>> IG証券

ARK社のETFのパフォーマンスはどうだった?

「ところで、実際にARKを保有してる人のリターンってどうなの?」と気になる方もいらっしゃると思います。

参考までにARK社のETFを2020年9月から買い始めている僕のパフォーマンスを公開したいと思います。

※資金力がまだまだなので、悪しからず。

ARKK

保有株数28株
取得単価$97.19
投資額$2,721.21
評価額$3,444.00
リターン26.56%
2020/12/9時点

ARKKは、ここ最近株価が伸び続けており、なかなか買い増せていない状況ですが、3ヶ月で26.56%のリターンはありがたいです。

僕のポートフォリオの中でも、トップクラスの稼ぎ頭となってくれています。

ARKW

保有株数11株
取得単価$120.20
投資額$1,322.22
評価額$1,592.69
リターン20.46%
2020/12/9時点

ARKWは、購入した時点でかなり高止まりしていたので、どうかなぁと思っていましたが、11月後半からグングン伸びてきて20%を超えるパフォーマンスを出してくれています。

引き続き、地道に買い増していこうと思います。

ARKG

保有株数14株
取得単価$72.06
投資額$1,008.90
評価額$1,331.40
リターン31.97%
2020/12/9時点

ARKGは、ゲノムということで正直全く詳しくない領域なのですが、「今後間違いなくトレンドになりそう!」という直感だけで買っていました(笑)

買ってからずっと70ドル台をヨコヨコしていたのですが、なんと12月に入って爆上げが始まり、今となっては31.97%とポートフォリオの中で1番のリターンを叩き出してくれています。

ARKF

保有株数2株
取得単価$40.90
投資額$81.80
評価額$97.62
リターン19.34%
2020/12/9時点

ARKFは一番新しいETFで、株価の伸びが緩やか、ARKKやARKWと被る銘柄が多いということで、余ったお金を入れるくらいで正直コミットしていませんでした。。。

ただ、今のところ+19.34%になっており、まだ40ドル台なのでもうちょっと買い増しても良いかなと思ってます。

19%でも十分なパフォーマンスなのですが、それ以上の銘柄がたくさんあるので、感覚を麻痺させてしまうのがARK社のすごいところですね(笑)

まとめ

まとめ

ということで、今回は史上最高値を更新し続け、他のETFを大きくアウトパフォームするARK社のETFの買い方と実際のパフォーマンスを紹介していきました。

総じて海外ベースの証券取引所なので、特定口座の取り扱いがなく、確定申告などがネックにはなりますが、どうしてもARK社のETFを購入したいという方は、Firstrade証券での取引をおすすめします。

なんと言っても取引手数料無料で、TransferWiseなどの送金サービスを使えば、トータルの手数料を数千円に抑えることができますからね。

>> Firstradeで口座開設しARK社のETFを買う

皆さんもこれを機に、ARKホルダーになってみてはいかがでしょうか?

人気記事【米国株投資】ARK社のETFとは?【破壊的イノベーション】

人気記事Firstradeの口座開設方法とは?【米国株が手数料無料!】