【米国天然ガスETF】UNG、UNL、GAZを徹底比較!

INVESTMENT STOCKS/ETFs

天然ガスETFで迷っている人「アメリカの天然ガスETFの投資に興味がある。だけど、どんな天然ガスETFがあって、どれがおすすめなの?買い方も含めてまとめて比較したいな。」

こんにちは、旅リーマンのZuminです。

そんな疑問を持つ方向けの記事です。

アメリカのインフレが止まらず、インフレヘッジとして原油や天然ガスなどエネルギー関連株に注目が集まっていますね。

とはいえ、天然ガスETFにはどんなものがあるのか、わからないことも多いですよね。

ということで、この記事では米国市場で天然ガスに投資できるETF3つをピックアップしたので、それぞれの特徴や購入方法まで解説していきます。

CFDなら世界12,000銘柄の取り扱い

もくじ

  • 人気の天然ガスETF3選!
  • 各天然ガスETFの仕組みと特徴
  • 各天然ガスETFの購入方法とは?

人気の天然ガスETF3選!

人気の天然ガスETF3選!

まずは、人気の天然ガスETF3つを比較してみましょう。

ティッカー運用会社純資産総額経費率過去1年のリターン設定日1日平均ボリューム(3ヶ月)
UNGUSCF約485億円1.35%35.1%2007/4/1810,158,969
UNLUSCF$18億円0.90%52.2%2009/11/1834,142
GAZBarclays Capital(iPath)$14億円0.45%29.3%2017/3/830,712

UNGが設定から最も歴史が長く、純資産総額、取引ボリュームにおいてダントツのトップですが、経費率は1.35%と一番コストが高いです。

UNLは過去1年のリターンで52%を記録し、3つの中でダントツのパフォーマンス。

GAZは、経費率が0.45%と3つのETFの中で一番低いという特徴があります。

UNG

UNGは、コモディティ関連ETFに強いUSCF社によって運用される老舗の天然ガスETF。

正式名称は United States Natural Gas Fund, LP で、日々の天然ガスの価格変動をパーセンテージでトラッキングすることを目指して運用されています。

ベンチマークは、NYMEX(ニューヨーク・マーカンタイル取引所)で取引される天然ガスの先物契約をベースに価格が計算されています。

UNG1ヶ月3ヶ月1年5年10年設定来
パフォーマンス-17.18%-38.05%35.76%-19.68%-19.05%-28.10%
出典:uscfinvestments.com 2021/12/31 時点

パフォーマンスで見ると、1年で35%のリターンを叩き出した以外は、どの年も大きなマイナスとなっています。

UNL

UNLも上記のUNG同様に、USCF社によって運用される老舗の天然ガスETFとなります。

正式名称は United States 12 Month Natural Gas Fund, LP で、日々の天然ガスの価格変動をパーセンテージでトラッキングすることを目指して運用されています。

UNGとの違いは、12ヶ月分の天然ガス先物契約をベンチマークにし、翌月の先物価格が価格が計算されるという点にあります。

UNL1ヶ月3ヶ月1年5年10年設定来
パフォーマンス-11.27%-19.22%54.42%0.05%-5.72%-11.28%
出典:uscfinvestments.com 2021/12/31 時点

1年で54%の圧倒的なパフォーマンスを記録しており、5年の長期でもわずかにプラスとなっています。

GAZ

GAZは、Barclays社のiPathブランドによって運用される天然ガスETN。

ETNとは?:Exchange Traded Note(債券)の略で、ETF同様に特定の指数に連動する金融商品。ETFとの違いは、信用力の高い金融機関が裏づけ資産を保有せず、その信用力で発行する点。発行体となる金融機関の倒産や、財務状況の悪化等によりETNの価格が下落または、無価値となる可能性がある。

正式名称は、iPath Series B Bloomberg Natural Gas Subindex Total Return ETN で、上記2つのETFとはちょっと毛色の違うインデックスによる運用がなされています。

ベンチマークの Bloomberg Natural Gas Subindex Total Return天然ガスの先物価格の指標を反映しています。

GAZ1ヶ月3ヶ月1年3年設定来
パフォーマンス-19.31%-39.93%27.49%-22.79%-22.79%
出典:ipathetn.barclays 2021/12/31 時点

3つのETFの中で一番設定から日が浅く、3年間のデータとなりますが、2021年は27%のプラスで、それ以外はマイナスとなっています。

各天然ガスETFの仕組みと特徴

各天然ガスETFの仕組みをチェック

それでは、それぞれ異なる運用方法の3つの天然ガスETFの運用の仕組みを簡単に理解していきましょう。

UNG

UNGは、NYMEX(ニューヨーク・マーカンタイル取引所)で取引される天然ガスの先物契約に投資。

対象となる先物は、アメリカ・ルイジアナ州にあるヘンリーハブの天然ガス。

翌月に満期となる先物契約のみに投資をするため、満期時に契約の予想スポット価格よりも高くなるというリスクがあります。

そのため、短期トレーダーや一時的なインフレヘッジとして活用されることが多いETFとなります。

実際に、構成銘柄を見てみると2022年3月満期の天然ガス先物契約のみで、残りは担保となる現金や国債が中心となっていることが分かりますね。

銘柄資産タイプ保有数時価総額
NATURAL GAS FUTR Mar22先物契約10,215$412,277,400
MORGAN STANLEY LIQ GOVT INST 8302MMF、国債158,800,000$158,800,000
US DOLLARS現金131,804,317$131,804,317.84
RBC US GOVTT 1 1465MMF76,540,000$76,540,000
BNY CASH RESERVE現金準備金34,904,168$34,904,168.59
GOLDMAN FS GOVT INST 465MMF、国債3,103,000$3,103,000
出典:uscfinvestments.com 2022/1/26 時点

UNL

UNLは、UNG同様にアメリカ・ルイジアナ州にあるヘンリーハブの先物契約へ12ヶ月分投資。

こうすることで、満期時に契約の予想スポット価格よりも高くなるというリスクを分散することができます。

中長期でインフレヘッジとして、天然ガスに投資したいという人向けのETFといえるでしょう。

構成銘柄をチェックしてみるとUNGとほぼ同じですが、12ヶ月分の先物契約がしっかり組み入れられていることが分かりますね。

銘柄資産タイプ保有数時価総額
NATURAL GAS FUTR Jan23先物契約49$2,209,900
NATURAL GAS FUTR Dec22先物契約49$2,163,350
NATURAL GAS FUTR Feb23先物契約48$2,098,080
NATURAL GAS FUTR Nov22先物契約49$2,081,030
NATURAL GAS FUTR Oct22先物契約49$2,037,420
NATURAL GAS FUTR Aug22先物契約49$2,035,460
NATURAL GAS FUTR Jul22先物契約49$2,030,560
NATURAL GAS FUTR Sep22先物契約48$1,984,800
NATURAL GAS FUTR Jun22先物契約48$1,963,200
NATURAL GAS FUTR May22先物契約48$1,941,120
NATURAL GAS FUTR Mar22先物契約48$1,937,280
NATURAL GAS FUTR Apr22先物契約48$1,925,280
RBC US GOVTT 1 1465MMF15,000,000$15,000,000
GOLDMAN FS GOVT INST 465MMF、国債5,500,000$5,500,000
BNY CASH RESERVE現金準備金1,066,120$1,066,120.85
US DOLLARS現金-187,619$-187,619.12
出典:uscfinvestments.com 2022/1/26 時点

GAZ

一方のGAZはETNとして発行されているため、株式のような特性を持つ無担保債券というような商品となります。

こちらも天然ガスの先物価格に連動する形ですが、原資産となる先物契約を持つわけではなく、あくまで先物価格で構成される指数の価格が反映されるのが特徴。

Bloomberg Natural Gas Subindex Total Return
出典:bloomberg.co.jp

そのため、天然ガスのスポット価格の変化に対応することはありません。

バイアンドホールドというよりも、短期的な投資戦略を持つ投資家向けに設計されているといえます。

各天然ガスETFの購入方法とは?

各天然ガスETFの購入方法とは?

今回紹介した天然ガスETFの購入方法ですが、国内の3大証券では取り扱いがないようです。

証券会社楽天証券SBI証券マネックス証券IG証券Firstrade証券
UNG×××
UNL××××
GAZ×××

ただ、日本語で利用できる証券会社であれば、外資系のIG証券にUNGとGAZの取り扱いがありました。

CFD口座となりますが、なかなか日本のメジャー証券では買えない株やETFの取り扱いも豊富なので、この機会に口座開設を検討してみてください。

>> IG証券で口座を開設する

また、天然ガスETFに現物で投資したいという方には、日本人でも口座開設可能な米国ネット証券のFirstradeをおすすめします。

Firstradeのおすすめポイント

  • アメリカ上場の株・ETFに制限なく投資可能
  • 取引手数料無料
  • 口座維持手数料なし

Firstradeであれば、今回紹介したすべての天然ガスETFはもちろん、米国に上場する株式のほぼすべてを手数料無料で投資できるため、投資の幅が広がりますよ。

>> Firstradeで口座を開設する

Firstradeはアメリカのネット証券会社ですが、日本からの口座開設も受け付けており、アプリの使い勝手もいいので僕もメインとして利用しています。

以下の別記事で、詳しい口座開設方法や使い方など解説していますので、参考にどうぞ。

さいごに

個人的にずっと気になっていつつも、なかなか手が出なかった天然ガス銘柄。

さらに、これだけ同じテーマでETFがあると迷ってしまいますよね。

基本的にこういった類のETFは、短期で投機的に利用されることが多いはずなので、目的に合わせて選ぶのが良さそうですね。

  • UNG:流動性重視
  • UNL:パフォーマンス重視
  • GAZ:運用コスト重視

コモディティへの投資はなかなか難しい印象がありますが、インフレヘッジとして天然ガスETFを活用しつつ、難しい相場を乗り越えていきたいですね。

CFDなら世界12,000銘柄の取り扱い

人気記事【米国半導体ETF】SOXX、SMH、PSI、XSDを徹底比較

人気記事【気候変動対策で恩恵】CO2排出権の先物ETF、KRBNとは?